スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ぬらりひょんの孫

「ぬらりひょんの孫」

ぬらりひょんの孫

放送:2010年
制作:スタジオディーン
話数:全24話

あらすじ・・・奴良リクオは一見はごく普通の中学生だが、実は彼は妖怪「ぬらりひょん」の孫で、4分の1妖怪の血を継いでいる。祖父の組「奴良組」の妖怪達と毎日どたばたと付き合いながら何とか普通の生活を送っている。
幼い頃、祖父から色々と武勇伝を聞かされ、妖怪とはかっこいいものであると思っていた。しかし、ある日友人との会話から、妖怪が人間から馬鹿にされる悪い存在であることを知ってしまう。そんな中、妖怪に襲われた友人達を守るために自身の妖怪の血を覚醒させ、友人達を救い出す。だが、4分の1しか妖怪の血を継いでいないリクオは1日の4分の1の時間しか妖怪の姿になれなかった。そして4年後、中学生になったリクオは人間としての生活を望んでいたものの、組を統率するために妖怪の世界と向き合っていくことになる。

①おすすめ・・・6点
②ストーリー・・・6点
③キャラクター・・・7点
④声優・・・7点
⑤作画・・・6点
⑥演出・・・6点
⑦音楽・・・5点
⑧構成・・・6点
⑨第1話・・・6点
⑩最終話・・・6点

          計61点

評価・・・妖怪ものを扱う作品は多々あるからこそ、求められる質やハードルというものは高いです。4分の1しか妖怪の血を継いでいない主人公のリクオということで、類似した設定だと「犬夜叉」などの名作がありますが、差別化という点でそこまで特化しているものは感じられませんでした。描き方としては中盤以降、お粗末な点が多い。四国妖怪との戦いという一番盛り上がるべきところでの勢いはなかった気がしました。そもそも2クールやる必要があったのか、引き伸ばし具合から考えると1クールでもまとめられたと思います。2期をやること前提で1期が制作されていたのだとしたらそこは欠点といわざるを得ない。アニメ作品の2期というのは、1期が好評につき改めて制作するタイプと制作費の分散化やスケジュールを和らげるためにあえて1期と2期に分けて制作するタイプなどがありますが、明らかにこの作品は後者ですね。はたして、2期はどんな感じになるのでしょうか。

スポンサーサイト
ぬらりひょんの孫 | 【2011-07-30(Sat) 00:40:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © [このアニメな~んだ?」 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。