スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

紅の豚



公開:1992年
制作:スタジオジブリ
話数:劇場版

あらすじ・・・賞金稼ぎを生業とする飛行艇乗りポルコは、以前から対立している空賊マンマユート団に襲われたバカンスツアーの女学校の生徒達を助ける。その夜、幼なじみのジーナが経営するホテルアドリアーノへ出かけたポルコは、そこでカーチスというアメリカ人と出会い、彼の飛行技術の優秀さを察知する。同時刻のアドリアーノでは、ポルコに業を煮やした空賊連合が、ポルコに対抗するためカーチスを雇う相談をしていた。数日後、飛行艇の整備のためにミラノに向かって飛んだポルコは、飛行途中でカーチスに遭遇。離脱を試みるが格闘戦中エンジンが停止し、撃墜されてしまう。からくも一命を取りとめたポルコは、大破した愛機とともにミラノへ向かい、馴染みのピッコロ社に修理を依頼する。人手不足のピッコロ社で修理・再設計を担当したのは、ピッコロの孫で17歳の少女フィオだった・・・。

①おすすめ・・・9点
②ストーリー・・・9点
③キャラクター・・・9点
④声優・・・9点
⑤作画・・・10点
⑥演出・・・9点
⑦音楽・・・9点

          計(70点満点中)64点

評価・・・宮崎作品はとにかく丁寧な作品作りが特徴。その中でも本作品は主人公のセリフ回しが、物語の良さを十二分に引き立てています。とにかくカッコいい!外見と内面とのギャップ、クールなセリフの裏には主人公自身の魅力がたっぷりと詰まっています。そんな隠れた一面を探りながら見てほしい。ついつい何回でも見てしまうというジブリ作品の要因は、多くの年代をターゲットにして作品が作られているからです。だからこそ、年をとって改めて視聴することでまた見方が変わって楽しむことができるのだと思います。

スポンサーサイト
紅の豚 | 【2012-04-06(Fri) 22:20:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © [このアニメな~んだ?」 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。