スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

第六回声優アワード 結果発表

主演男優賞:平田広明

主演女優賞:悠木碧

助演男優賞:宮野真守、木村良平

助演女優賞:加藤英美里

新人男優賞:江口拓也、松岡禎丞

新人女優賞:茅野愛衣、三上枝織



予想

主演男優賞:梶裕貴

主演女優賞:悠木碧

助演男優賞:宮野真守、藤原啓治

助演女優賞:井口裕香、花澤香菜

新人男優賞:江口拓也

新人女優賞:茅野愛衣、小倉唯


総評・・・予想があたっていたのは悠木碧・宮野守・江口拓也・茅野愛衣の4人。主演男優賞の平田さんは、「Tiger&Bunny」の効果ですね。木村良平は「君と僕。」「僕は友達が少ない」「輪るピングドラム」など、主演での活躍が目立っていたので助演での受賞というのは予想外でした。加藤英美里は間違いなくキュゥべえの影響でしょう。茅野愛衣さん、新人女優賞おめでとう!



スポンサーサイト
声優アワード | 【2012-03-06(Tue) 22:50:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

第六回声優アワード 徹底予想

まもなく第六回声優アワードが発表されるということで予想してみることにしました。
そもそも声優アワードとは?・・・その年度に「最も印象に残る」声優や作品を対象に、その業績を称えるために本格的な声優を対象とするアワードとして創設。

第1群:一般投票からの選出から選考委員会による決定
・主演男優、女優賞
・助演男優、女優賞
・新人男優、女優賞
・歌唱賞
・パーソナリティ賞

第2群:選考委員会にて選出・決定
・特別功労賞
・功労賞
・シナジー賞
・富山敬賞
・最多得票賞
・声優アワード特別賞 の部門にて授与されます。

では参考にこれまでの受賞履歴を簡単に。

第一回声優アワード(2006年度)
主演男優賞:福山潤
主演女優賞:朴叙ミ美
助演男優賞:石田彰、宮田幸季
助演女優賞:小清水亜美、後藤邑子
新人男優賞:柿原徹也、森田成一
新人女優賞:鹿野優以、平野綾
歌唱賞:水樹奈々
パーソナリティ賞:浅野真澄

第二回声優アワード:(2007年度)
主演男優賞:宮野真守
主演女優賞:平野綾
助演男優賞:小野大輔、神谷浩史
助演女優賞:釘宮理恵、斎賀みつき
新人男優賞:羽多野渉、代永翼
新人女優賞:加藤英美里、小林ゆう
歌唱賞:平野綾、加藤英美里、福原香織、遠藤綾
パーソナリティ賞:鈴村健一

第三回声優アワード:(2008年度)
主演男優賞:神谷浩史
主演女優賞:釘宮理恵
助演男優賞:井上和彦、杉田智和
助演女優賞:遠藤綾、沢城みゆき
新人男優賞:岡本信彦、梶裕貴
新人女優賞:阿澄佳奈、戸松遙
歌唱賞:中島愛
パーソナリティ賞:神谷浩史

第四回声優アワード:(2009年度)
主演男優賞:小野大輔
主演女優賞:沢城みゆき
助演男優賞:浪川大輔、三木眞一郎
助演女優賞:井上喜久子、堀江由衣
新人男優賞:阿部敦、前野智昭
新人女優賞:伊藤かな恵、豊崎愛生
歌唱賞:豊崎愛生、日笠陽子、寿美菜子、佐藤聡美、竹達彩奈
パーソナリティ賞:小野坂昌也

第五回声優アワード:(2010年度)
主演男優賞:該当者なし
主演女優賞:豊崎愛生
助演男優賞:岡本信彦、中井和哉
助演女優賞:新井里美、伊藤かな恵
新人男優賞:内山昂輝
新人女優賞:金元寿子、佐藤聡美
歌唱賞:茅原美里
パーソナリティ賞:豊崎愛生

予想にあたってのポイント
①評価基準
一般投票からの選出があることから、その年で人気だった作品に出演されていた声優はノミネートされる確率が大。選考委員会の評価基準では演技力といった技術的なものに加えて知名度やインパクトを重視している傾向にあります。

②同じ賞に重なることはない
今年度はどうかわかりませんが、過去を遡ると声優が同じ賞に連続して重なることはありませんでした。ということは過去の受賞履歴を確認すればある程度は絞れてきます。

③受賞は1人とは限らない
歌唱賞はソロだけでなく、ユニットやグループでの受賞もあり。
助演・新人賞は1人もしくは2人のケース。また、2010年度の主演男優賞は該当者なしという異例もありました。

以上のことを踏まえて改めていくつか予想してみました。

主演男優賞:梶裕貴

主演女優賞:悠木碧

助演男優賞:宮野真守、藤原啓治

助演女優賞:井口裕香、花澤香菜

新人男優賞:江口拓也

新人女優賞:茅野愛衣、小倉唯

さて、どうなることやら・・・。

声優アワード | 【2012-02-29(Wed) 01:45:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

第三回声優アワード 主演女優賞には釘宮理恵!

 2008年に最も印象に残る声優にその活躍や業績を称える「第三回 声優アワード」の授賞式が3月7日の午後6時から行われました。ということでさっそく結果発表です。

 第三回声優アワード:(2008年度)
①主演男優賞神谷 浩史・・・青二プロダクション所属
主演・助演ともに多くの作品でメインキャラクターを演じる。
特に2008年は、妖と人、人と人とのあたたかな交流を描いた「夏目友人帳」で、主人公・夏目貴志役を演じ、派手さはなくとも繊細かつ芯の通った確かな芝居で、作品の魅力を十二分に引き出し、アニメーションの魅力というものを再認識させた。

活躍作品・・・「夏目友人帳」(夏目貴志)、「俗・さよなら絶望先生」(糸色望)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン(ティエリア・アーデ)、「マクロスF」(ミハエル・ブラン)

主演女優賞釘宮 理恵・・・アイムエンタープライズ所属
人気作品のメインヒロインを数多く演じ、「とらドラ!」逢坂大河役では、凶暴な美少女という一見アニメらしい設定の裏にある等身大の思春期の機微を丁寧に演じ、改めてその実力を示した。一方で「隠の王」六条壬晴役に代表される少年役にも定評があり、未知数の可能性を感じさせる実力派女優。

活躍作品・・・「とらドラ!」(逢坂大河)、「隠の王」(六条壬晴)
「ゼロの使い魔 〜三美姫の輪舞〜」(ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール)
「 鉄のラインバレル」(遠藤イズナ)、「あかね色に染まる坂」(片桐優姫)

③助演男優賞井上 和彦・・・B-Box所属
「夏目友人帳」では、招き猫の姿のニャンコ先生と、ニャンコ先生の本来の姿である妖・斑を好演。その愛らしさと格好よさのギャップで、改めて多くのファンを魅了した。第一線で活躍し続けながら、新人育成に力を注ぐなど、業界への貢献度も高く、今の声優界に不可欠な役者の一人である。

活躍作品・・・「夏目友人帳」(ニャンコ先生&斑)、「純情ロマンチカ」(宮城庸)
「今日からマ王! 第3シリーズ」(フォンクライスト卿ギュンター)

④助演男優賞杉田 智和・・・アトミックモンキー所属
2008年は「仮面ライダーキバ」キバットバットⅢ世役、「マクロスF」レオン・三島役、「伯爵と妖精」レイヴン役など、2枚目から3枚目まで巧みに演じ分け、どっしりと落ち着いた演技力と、瞬発力のあるそのアドリブは、多くのファンに支持されている。

活躍作品・・・「銀魂」(坂田銀時)、「マクロスF」(レオン・三島)
「伯爵と妖精」(レイヴン)

⑤助演女優賞遠藤 綾・・・オフィスPAC所属
「マクロスF」シェリル・ノーム役では、誰もが憧れる銀河の歌姫の強さと弱さを熱演、一気に注目を集める。ほかにも2008年は「ネオ アンジェリーク Abyss」アンジェリーク役、「セキレイ」松役など、多くの作品でメインキャラクターを演じ、その存在感を示した。

活躍作品・・・「セキレイ」(松)、「ネオ アンジェリーク Abyss」(アンジェリーク)
「マクロスF」(シェリル・ノーム)

⑥助演女優賞沢城 みゆき・・・マウスプロモーション所属
「図書館戦争」柴崎麻子役、「かんなぎ」青葉つぐみ役、「PERSONA -trinity soul-」神郷洵役、「鉄のラインバレル」山下サトル役など、確かな演技力で実に数多くの作品を支える演技派。今後の声優界を牽引していくであろう若手声優の一人。

活躍作品・・・「図書館戦争」(柴崎麻子)、「かんなぎ」(青葉つぐみ)、
PERSONA -trinity soul-(神郷洵)、「ストライクウィッチーズ」(ペリーヌ・クロステルマン)

⑦新人男優賞岡本 信彦・・・プロ・フィット所属
「PERSONA -trinity soul-」神郷慎役、正当派主人公から、「紅」九鳳院竜士役、「とある魔術の禁書目録」アクセラレータ役で狂気に満ちたキャラクターなど、多彩な才能を発揮し随所で演技力が認められた大型新人。着実に歩を進める姿に、今後の活躍が非常に期待される。

活躍作品・・・「PERSONA -trinity soul-」(神郷慎)
「とある魔術の禁書目録」(一方通行(アクセラレーター))

⑧新人男優賞梶 裕貴・・・アーツビジョン所属
「夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~」比泉秋名役、「黒執事」フィニ役と、明るい性格ながらもどこかに影をもつキャラクターを見事に演じ分ける。ほか、ゲーム・ドラマCD・外画の吹き替えと、様々なフィールドで中心的存在を務めており、さらなる活動から目が離せない。

活躍作品・・・「夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜」(比泉秋名)、「黒執事」(フィニアン)

⑨新人女優賞阿澄 佳奈・・・81プロデュース所属
「ひだまりスケッチ×365」では、前作に続き主人公・ゆの役を好演。心を癒すやわらかなボイスでファンを魅了する。また「今日の5の2」でボーイッシュな平川ナツミ役を演じ、新たな一面を見せてくれた。多くのラジオ番組にも出演してファンに親しまれている。

活躍作品・・・「今日の5の2」(平川ナツミ)、「ひだまりスケッチ×365」(ゆの)

⑩新人女優賞戸松 遥・・・ミュージックレイン所属
「絶対可憐チルドレン」三宮紫穂役、「かんなぎ」ナギ役、「To LOVEる-とらぶる-」ララ・サタリン・デビルーク役など、2008年は多くの作品のメインキャラに抜擢、昨今"戸松遥の声を聴かない日はない"と言われるほどめざましい成長を遂げる。現在もっとも輝き注目される存在となっている。

活躍作品・・・「かんなぎ」(ナギ)、「絶対可憐チルドレン」(三宮紫穂)

⑪歌唱賞中島 愛・・・スターダスト音楽出版所属
「マクロスF」ランカ・リー役でデビュー。ランカ・リー=中島愛名義のデビューシングル「星間飛行」ではオリコン週間チャート第5位を記録。作中のランカと共に成長していく彼女の姿、その無限性は、多くのファンを魅了した。

⑫パーソナリティ賞神谷 浩史・・・青二プロダクション所属
「神谷浩史・小野大輔のDearGirl~Stories~」でラジオパーソナリティとしての知名度を一気に広めた。「マクロスF○※△」や「さよなら絶望放送」など多種多様の番組でみせる、するどい指摘やどこか奥歯に衣着せるトークが好まれ、垣根を越えあまたのリスナーを虜にする。

⑬富山敬賞山寺 宏一・・・アクロス エンタテインメント所属
バラエティ番組「おはスタ」の司会をはじめ、最近では映画・ドラマ・舞台・CMと幅広い活躍を見せている。広域の声域が特徴で、多数の役柄を演じる。「それいけ!アンパンマン」チーズ役・カバ夫役、外画ではジム・キャリー、ブラッド・ピット、エディ・マーフィーの吹き替えなど。

⑭海外ファン賞福山 潤・・・ぷろだくしょんバオバブ所属
海外のアニメファンの多くが注目している「コードギアス 反逆のルルーシュ」。ピカレスクでありながら主役という複雑な表現が求められるキャラクター、ルルーシュ・ランペルージ役を見事に演じ、日本国内だけでなく、海外にまで強烈な印象を残す。

活躍作品・・・「コードギアス 反逆のルルーシュR2」(ルルーシュ・ランペルージ)
「狼と香辛料」(クラフト・ロレンス)、「マクロスF」(ルカ・アンジェローニ)

⑮特別功労賞武藤 礼子・・・青二プロダクション所属
エリザベス・テーラーや「サウンド・オブ・ミュージック」のジュリー・アンドリュースの吹き替え、アニメ「ふしぎなメルモ」のメルモ役、「ムーミン」のノンノン役などで知られる。優しく包み込むような声で多くのファンを魅了した。

⑯功労賞内海 賢二・・・賢プロダクション所属
豊富なキャリアを持ち、深みのある声で幅広い役を演じている日本声優界の大御所の一人。アニメの代表作には「北斗の拳」ラオウ役、「Dr.スランプ アラレちゃん」則巻千兵衛役、外画ではスティーブ・マックイーン、オリバー・リード、サミー・デイヴィスJr.等を担当。

⑰功労賞富田 耕生・・・ぷろだくしょんバオバブ所属
数々のアニメ、外画の吹き替えに出演している、日本声優界の大御所の一人。恰幅のよい口ひげを生やしたキャラクターを演じることが多い。「平成天才バカボン」バカボンのパパ役、「ジャングル大帝」ヒゲおやじ役、外画ではロッド・スタイガー、アーネスト・ボーグナイン等を担当。

⑱功労賞永井 一郎・・・青二プロダクション所属
多くの作品に出演し、アニメ・吹き替え・特撮作品など幅広い分野で活躍している日本声優界の大御所の一人。「サザエさん」磯野波平役、「宇宙戦艦ヤマト」徳川彦左衛門・佐渡酒造役、「機動戦士ガンダム」ナレーター、外画では「スター・ウォーズ」シリーズ ヨーダ役など。

⑲シナジー賞「鉄腕アトム」・・・日本のアニメーションの歴史を一変させた作品の一つ。
1963年に日本最初のテレビ用連続アニメとして制作され、現在にまで至る日本のアニメ文化隆盛の礎を築いた。その後、世界20か国以上で放映されている。十万馬力の少年ロボットが七つの力で悪漢を退治して行く姿に、当時の子供たちは熱狂した。今回は、1963年放映当時のキャストが授賞(アトム役:清水 マリ、ウラン役:水垣 洋子、お茶の水博士役:勝田 久)。


 第三回声優アワードの主演男優賞は神谷浩史さん、主演女優賞は釘宮理恵さん!
神谷さんと釘宮さんは第二回の助演男優・女優賞にも輝いていましたね。
しかも神谷さんは今回、パーソナリティ賞とのW受賞!神谷さんが主人公・夏目貴志役で演じている「夏目友人帳」はお薦めしたい作品です。人間として大切なものを思い出させてくれるような、そういう落ち着いた雰囲気がこの作品の魅力のひとつとして挙げられると思います。
また、釘宮さん(くぎみー)は2008年度は「とらドラ!」での逢坂大河役での活躍が印象的です。
灼眼のシャナシリーズやゼロの使い魔シリーズ、そしてハヤテのごとく!などツンデレキャラの演技では右に出るものはいないといえるほどの声優さんですが、隠の王」の六条壬晴など少年役でも声優としてのすばらしい才能を発揮し、今後の声優業界を担うほどの実力の持ち主であることに間違いないでしょう。
これからのさらなる活躍を楽しみにしながら応援していきたいと思います。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


声優アワード | 【2009-03-07(Sat) 23:38:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

間近に迫る「第三回 声優アワード 授賞式」

 声優アワードとは・・・その年度に「最も印象に残る」声優や作品を対象に、その業績を称える本格的な、声優を対象とするアワードとして創設。
声優アワードは、主演男優・女優賞、サブキャラクター男優・女優賞、新人男優・女優賞、歌唱賞、パーソナリティ賞、特別功労賞および功労賞、シナジー賞、富山敬賞(は第二回声優アワードから)の計8部門12賞が授与される。功労賞、特別功労賞、シナジー賞、富山敬賞については、実行委員会が長年の功績をもとに推薦した結果を選考委員会で承認する形で決定される。また、その他の部門については各投票サイト・施設にて行われた一般投票での得票を各媒体ごとに集計し、その結果を元に最終選考へのノミネート者を決定しその後選考委員会による二次選考によって最終的な受賞者が決定される。

 3月7日土曜日午後6時より秋葉原のUDXシアターにて「第三回 声優アワード 授賞式」が行われます。ということで、第一回・第二回の受賞者を振り返っていきたいと思います。

 第一回声優アワード:(2006年度)
主演男優賞:福山潤
主演女優賞:朴璐美
サブキャラクター男優賞:石田彰、宮田幸季
サブキャラクター女優賞:小清水亜美、後藤邑子
新人男優賞:柿原徹也、森田成一
新人女優賞:鹿野優以、平野綾
歌唱賞:水樹奈々
パーソナリティ賞:浅野真澄
特別功労賞:富山敬
功労賞:大平透、池田昌子、小原乃梨子、向井真理子
シナジー賞:「ポケットモンスター」
 
 活躍した主な作品(2006年中心)
福山潤・・・「コードギアス 反逆のルルーシュ」(ルルーシュ・ランペルージ)
「プリンセス・プリンセス」(河野亨)、「xxxHOLiC」(四月一日君尋)
「いぬかみっ!」(川平啓太)、「武装錬金」(武藤カズキ)

朴璐美・・・「NANA」(大崎ナナ)、「うえきの法則」(植木耕助)、「ガラスの艦隊」(クレオ)

石田彰・・・「銀魂」(桂小太郎)、「少年陰陽師」(安倍晴明)、「NANA(岡崎真一)

小清水亜美・・・「コードギアス 反逆のルルーシュ」(カレン・シュタットフェルト)
「くじびきアンバランス」(律子)、「スクールランブル二学期」(塚本天満)

宮田幸季・・・「吉永さん家のガーゴイル」(吉永和己)、「ツバサ・クロニクル」 第2シリーズ(雪兎)

後藤邑子 ・・・「涼宮ハルヒの憂鬱」(朝比奈みくる)、「ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!」(レイン)

柿原徹也・・・「プリンセス・プリンセス」(豊実琴)、「ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!」(ブライト)

鹿野優以・・・「すもももももも 地上最強のヨメ」(九頭竜もも子)、 ひまわりっ!(わび助)

森田成一・・・「BLEACH」(黒崎一護)、 「金色のコルダ〜primo passo〜」(火原和樹)

平野綾・・・「涼宮ハルヒの憂鬱」(涼宮ハルヒ)、「DEATH NOTE」(弥海砂)

 2006年を象徴するアニメ作品で演じられた声優さんが選ばれた印象です。
福山潤さんは「コードギアス」の主人公。朴璐美さんは「NANA」で大崎ナナ役での活躍ぶり。
朴璐美さんといえば、鋼の錬金術師」の主人公・エドワード・エルリック役が有名ですね。
サブキャラクター女優賞には「コードギアス 反逆のルルーシュ」カレン・シュタットフェルト役の小清水亜美さんが受賞。他にも「スクールランブル」塚本天満役での熱演もお薦めですよ。小清水さんには、今夏放送予定とされている「狼と香辛料Ⅱ」ホロ役に期待大です。

新人男優賞に選ばれた一人である森田成一さんというと、やはり「BLEACH」
平野綾さんや後藤邑子さんは「涼宮ハルヒの憂鬱」での活躍で人気急上昇といった感じですね。
シナジー賞には「ポケットモンスター」が受賞。1997年4月に放送が開始され2007年で10周年迎え、現在でも国内外問わず幅広い人気ぶりのポケモン。アニメ番組全体の視聴率ランキングで10位以内を記録し、テレビ東京のアニメとしては最も高い視聴率を獲得しているとか。



“間近に迫る「第三回 声優アワード 授賞式」”の続きを読む>>
声優アワード | 【2009-03-04(Wed) 20:12:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © [このアニメな~んだ?」 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。