スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

鋼の錬金術師

「鋼の錬金術師」

鋼の錬金術師

放送:2003年
制作:ボンズ
話数:全51話

あらすじ・・・亡くなった母を取り戻すために錬金術最大の禁忌である人体練成を行ったエドワード・エルリックとその弟のアルフォンス。だがそれは失敗し、エドは左足を、弟は体全てを失う。右腕と引き換えにアルの魂を錬成したエドは、右腕と左足を鋼鉄の機械鎧(オートメール)に変えてアルとともに元の身体を取り戻すための方法を探すために旅に出る。そんな彼を、いつしか人は鋼の錬金術師と呼ぶのであった・・・。

①おすすめ・・・8点
②ストーリー・・・7点
③キャラクター・・・8点
④声優・・・8点
⑤作画・・・7点
⑥演出・・・7点
⑦音楽・・・8点
⑧構成・・・6点
⑨第1話・・・8点
⑩最終話・・・8点

          計75点

詳細はこちらを参照


スポンサーサイト
鋼の錬金術師 | 【2012-01-20(Fri) 16:40:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

劇場版鋼の錬金術師シャンバラを征く者

「劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」

劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者

公開:2005年
制作:BONES
話数:劇場版

あらすじ・・・舞台は1923年のドイツ(ワイマール共和国)にあるミュンヘン。この頃のドイツでは、第一次世界大戦敗戦後の、インフレに伴う貧困に喘ぎながら、それでも人々は懸命に生きていた。あるとき、街で行われたカーニバルに来ていたエドワードは一人の女性に出会った。彼女の名は「ノーア」。彼女には、自分が触った相手の心の中や記憶を観る事ができるという不思議な力があった。彼女は「ジプシー」と呼ばれる被差別民族で、自分たちのことは「ロマ」と呼んでいた。そんな彼女と出会ったエドワードは、次第にドイツで起ころうとしている壮大な計画へと巻き込まれてゆく。

①おすすめ:7点
②ストーリー:7点
③キャラクター:8点
④声優:8点
⑤作画:8点
⑥演出:7点
⑦音楽:7点

          計(70点満点中)52点

鋼の錬金術師 | 【2011-07-25(Mon) 22:25:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

「人は何かを得るためには同等の代価が必要となる」 鋼の錬金術師

「鋼の錬金術師」

放送:2003年
制作:全51話
話数:ボンズ

あらすじ・・・亡くなった母を取り戻すために錬金術最大の禁忌である人体練成を行ったエドワード・エルリックとその弟のアルフォンス。だがそれは失敗し、エドは左足を、弟は体全てを失う。右腕と引き換えにアルの魂を錬成したエドは、右腕と左足を鋼鉄の機械鎧(オートメール)に変えてアルとともに元の身体を取り戻すための方法を探すために旅に出る。そんな彼を、いつしか人は鋼の錬金術師と呼ぶのであった・・・。

 人は何かを得るためには同等の代価が必要となる  
これが等価交換の原則であり、世界の真実だと信じていた。この決まり文句とともに始まるナレーションには、何かを訴えるような、そんなメッセージを彷彿させる思いを私は感じました。

確かに普段、人は代価なしに何も得ることはできません。何かを得るためには必ずその出来事となる引き金や原因となる行動、そして努力をしなければ何も始まらないからです。この作品ではこれを「等価交換の原則」と呼び、それが世界の真実だと主人公であるエドやアルは信じていました。

しかし、努力したといっても何もかもがうまくいき、成功して必ず何かを得ることができるとは限らない。いくら代価として努力したとしても、うまくいかないことなんて普通にあります。

 「完璧などない。この世界は不完全だ。だから美しい。」 
この言葉はこの作品に登場するキャラクターであるロイ・マスタングの台詞です。世界は不完全で、その全てを説明できる原則なんてものは存在しない。未知なものだからこそ、人は努力し、行動し、そして前に進み続けることができるのではないでしょうか。そして、その代価として何かを得ることができることもあるかもしれません。世界の何もかもが、決まった原則にはまってしまうことほどつまらないことはないですよね。

エドとアルは元の身体を取り戻す旅を続けると共に、その間に会った多くの人々、目や心で見たもの、苦しみ、努力し、体験してきた全てのことに対して、自分の内面の弱さや、葛藤などと向き合いながらも少しずつ大人として成長していく、そんなエピソードの数々が主人公であるエドやアルを中心に深く描かれている作品だと思います。


鋼の錬金術師 vol.1 [DVD]        
鋼の錬金術師 vol.1 [DVD]       

“「人は何かを得るためには同等の代価が必要となる」 鋼の錬金術師”の続きを読む>>
鋼の錬金術師 | 【2009-05-05(Tue) 02:42:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © [このアニメな~んだ?」 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。