スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

バカとテストと召喚獣にっ!

「バカとテストと召喚獣にっ!」

バカとテストと召喚獣にっ!

放送:2011年
制作:SILVER LINK
話数:全13話

あらすじ・・・進級テストの成績で厳しくクラス分けされる先進的な進学校「文月学園」。秀才が集まる設備も整ったAクラスに対して、最底辺のFクラスの設備はボロい卓袱台や腐った畳だけ。そんなFクラスの生徒である吉井明久たちは、学園が開発したシステムを使ったクラス争奪バトル「試験召喚戦争」に挑戦したり、「学園祭」に参加したりと、ある意味刺激ある学園生活をおくっていた。そして夏がやってきた。

①おすすめ・・・8点
②ストーリー・・・8点
③キャラクター・・・9点
④声優・・・8点
⑤作画・・・8点
⑥演出・・・8点
⑦音楽・・・7点
⑧構成・・・8点
⑨第1話・・・8点
⑩最終話・・・8点

          計80点

評価・・・1期以上に出来としてはよかったです。メインキャラにサブキャラなど、各キャラの魅力が表現されていたことに加えて、今回は過去話の抽出の仕方も展開に違和感なく盛り込まれていました。1期を見た限りでは、コメディとして楽しめればいいと思っていましたが、2期ではストーリーとしても見応えを感じました。

スポンサーサイト
バカとテストと召喚獣 | 【2011-09-30(Fri) 22:25:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

バカとテストと召喚獣

「バカとテストと召喚獣」

バカとテストと召喚獣

放送:2010年
制作:SILVER LINK
話数:全13話

あらすじ・・・科学とオカルトと偶然によって開発された[2]「試験召喚システム」を試験的に採用し、学力低下が嘆かれる昨今に新風を巻き起こした文月学園。振り分け試験の成績で厳しくクラス分けされるこの学園で自信満々にテストの結果を受け取った主人公・吉井明久を待っていたのは、最低クラスであるFクラスの、学び舎とは思えない最低の教室だった。この状態を改善するには、試験の点数に応じた強さを持つ「召喚獣」を使用した戦争「試召戦争」で勝ち上がり、上位クラスの設備を奪い取るしかない。明久はFクラス代表の坂本雄二を焚きつけ、Fクラスを試召戦争へと立ち上がらせる。学力と引き換えに多彩な技能を持った彼らは、学園最高の学力を誇るAクラスからの設備奪取を目指して動き出すが……。

①おすすめ・・・8点
②ストーリー・・・7点
③キャラクター・・・8点
④声優・・・7点
⑤作画・・・7点
⑥演出・・・8点
⑦音楽・・・7点
⑧構成・・・7点
⑨第1話・・・8点
⑩最終話・・・7点

          計74点

評価・・・笑わせてくれました。召喚システムという細かいルールがあるのですが、それを払拭するようなわかりやすい描写とギャグが光っていました。ただ、制作陣の明らかな秀吉押しにはマイりましたwOVAも気になるところ・・・。

バカとテストと召喚獣 | 【2011-05-18(Wed) 20:15:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © [このアニメな~んだ?」 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。