スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

みなみけ おかえり

「みなみけ おかえり」

みなみけ おかえり

放送:2009年
制作:アスリード
話数:全13話

あらすじ・・・お正月、みなみけに集まる友人一同。内田は「今年のおみくじは良かった。特に恋愛運」と満足げな様子。そんな内田にカナは「今からきた相手が運命の人だ」というが、訪れたのは藤岡で内田は困ってしまう。
一方、おみくじの結果がまあまあなチアキ。「何が恋愛だ、金だよ、金」と金運は良かったらしいが・・・。
毒舌家の三女・千秋、トラブルメーカーの次女・夏奈、しっかり者の長女・春香を中心に南家の平凡な日常を淡々と描く。

①おすすめ・・・8点
②ストーリー・・・6点
③キャラクター・・・8点
④声優・・・7点
⑤作画・・・6点
⑥演出・・・7点
⑦音楽・・・8点
⑧構成・・・6点
⑨第1話・・・8点
⑩最終話・・・7点

          計71点

評価・・・「みなみけ」シリーズ第3期作品。南家の平凡な日常を淡々と表現した作品。独特な間の取り方やシュールなシーンも多数あり。しかし、それに笑顔がこぼれたら、もうあなたは「みなみけ」の虜といえます。人気キャラ保坂も曲を売り込むほど、かなりグレードアップしているのでお見逃し無く。

スポンサーサイト
みなみけ おかえり | 【2012-01-19(Thu) 16:30:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

みなみけ おかえり 第13話 「一緒だからね」

 みなみけおかえりの最終回、ついに終わってしまいましたね。最終回に相応しいといえる、みなみけ3姉妹の姉妹愛がメインに描かれていました。千秋の涙を浮かべながら夏奈にしがみついているシーンなど、改めて南家三姉妹の絆というものの深さを感じました。またフィナーレが保坂で締められ、やはり保坂で終わったかと彼の人気ぶりには毎度ながら驚かせされるばかりです。

春香・夏奈・千秋や学校の仲間達と過ごす平凡な日常を淡々と描いた「みなみけおかえり」。
何か特別な出来事や問題が起きるわけでもないのにもかかわらず、この作品に惹かれる要因は何なのか考えてみました。

それは普段の日常の中にこそ、人々の心を引きつける楽しさがあることの表れだと思っています。しかし、普段の日常を当たり前のことだと感じている人にとっては、今の楽しさを楽しさだと感じずに怠惰な毎日の繰り返しだと考えてしまうのではないでしょうか。だから、人はスリルや興奮を求めて日常から離れた生活や旅行に憧れるのだと思います。本当の楽しさとは一見、見えないようで実は身近なところに隠されているのかもしれません。固い話しで失礼しました。

また、本作品で登場したみなみけのキャラクター達の和気あいあいとした日常を見て、つくつ゛く友達や仲間の大切さ・存在意義を感じずにはいられませんでした。春香や夏奈・千秋をはじめとする、みなみけのキャラクター達の魅力が、この作品の良さをより一層引き立てているといえるでしょう。

 今回で三期を終えた「みなみけ」。是非とも四期を期待せずにはいられないですね。
「みなみけ 今までありがとう。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


みなみけ おかえり | 【2009-03-31(Tue) 19:09:22】 | Trackback:(29) | Comments:(2) | [編集]

みなみけ おかえり 第12話 「あったかい所」

 みなみけでも春ですね~。春といえば桜、そして春香姉さまw ということで今回の第12話は春香の登場数が他の回に比べて多いような感じがしました。最近は、サブキャラクター達の活躍がメインだったということもありますが、春香はいつもみんなを見守る的な立ち位置にいますからね~。
それでは、みなみけおかえり第12話「あったかい所」の感想です。

 パートA:千秋VS?
春の到来を感じるあったかい所で気持ちよく眠る千秋でしたが、夏奈・マキ・内田の話し声で目を覚ましてしまったことで、夏奈たちに静かにするように注意するが・・・。

 千秋に物申す?口喧嘩選手権
ラウンド1) 千秋VS内田・・・内田の仕草がかわいすぎるw 千秋に放ったその言葉とは!?
「あの~千秋、眠いんだったら自分の部屋で寝たらいいんじゃ・・・・?」
  「いや!」
ラウンド2)千秋VSマキ・・・瞬殺w
ラウンド3)千秋VS夏奈・・・千秋はどうしても動く気はないとは言ったものの、春香が作った桜餅の誘惑には勝てない模様w それにしても春香は料理上手!

 パートB:マキの心配事?居眠り検証大作戦!
あったかい春の陽気にだらける夏奈・マコちゃん・内田の3人。そこにマキが現れ、自分がどんな寝顔をしているか調べてほしいと夏奈に頼むのであった。果たしてその真相とは!?

「あの後ですか」ww マコちゃんとマキが絡んでいるシーンもまた新鮮な感じがしました。
眠るマキと内田の顔に魔の手がw それは禁断のアイテム、マジックペン!笑いを堪えている夏奈とマコちゃんの表情も然ることながら、やはりマキの落書きされた寝顔w 

 パートC:春香にハプニング~!
衣替えということで長袖の服を半袖にしてほしいと千秋に頼む夏奈。しかし、間違って春香のスカートまで切ってしまうという由々しき事態に。そして夏奈と千秋はこのことを隠そうとするが、春香にトラブル発生!

なんとか応急処置は施しましたが、四日後のクリーニングまで事情を春香に話すべきか、黙っているべきか悩むふたり。それにしても千秋の裁縫テクニックはなかなか。
一日目、二日目、三日目となんなく過ぎたこととは裏腹に、気になったのは保坂の存在w
弁当持参で毎回登場とはさすがw でもこれって完全にストーカーですよね?w

四日目、ハプニング発生! 春香のスカートがw 目撃者のひとりはナツキというw
「生まれ変わる?あらゆる過去に価値がないと言い切れるの?
  振り返って苦しむのなら、明日笑うためにどうしますか?教えて下さい。」

相当さっきの出来事に悩んでいますね。ついに悟りを開いたかw まあ無理もないですがw

 パートD:いい意味でのバカヤロー! 太らせて食べる気なのか?
毎度となく繰り返される千秋の「バカヤロー」発言に耐えかねた夏奈は、千秋に愛が足りてないと感じ、不良少女?と呼ばれる前に更正させようと決意するのであった。

 夏奈の思考力はやはり面白いです。「学校はどうだ?」とか明らかに不自然すぎるw
また、千秋の好物である揚げ物を勧める夏奈は「たくさん食べて健全に育ってほしい」と望む一方で、千秋は「太らせて食べる気か」と、もはや何がなんだか噛み合ってない状況に。

 本気で食べられてしまうと思い込んでいる千秋の怯え具合といい、表情だけではなく千秋の声からもその心境が読み取れて、いい感じの話でした。

 
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 

みなみけ おかえり | 【2009-03-25(Wed) 00:54:12】 | Trackback:(21) | Comments:(0) | [編集]

みなみけ おかえり 第11話 「いいイメージ」

 今回の話はリコのターンですかw 藤岡に対して、夏奈ではなく自分になんとかして振り向いてもらおうと日頃から願っている彼女。しかし普段、これといって自ら話しかける勇気も出せず、胸にそっと想いを秘めているリコがメインの回です。

 「どうしたら藤岡君に近付けるのかな~?」リコは悩んでいます。
藤岡・夏奈・リコの関係を少し整理してみたいと思います。
1)藤岡は夏奈のことが好きどころか、大好きですねw 他の女子には無関心の様子。

2)夏奈は藤岡のことは友達として見ている?それ以前に、夏奈は恋愛とかには疎いのかも。
夏奈の本当の心情はまだわからないですね~。

3)リコは藤岡のことが大好き。しかし、なかなかうまくコミュニケーションがとれない。
想いだけが先走り、行動という点においては踏み出せず。

そこに傍観者”ヒロコ”が久しぶりに登場。告白のイメージをうまく掴むために練習をすることに。
相手は仮想藤岡こと”ユウ” 結局、練習にはなりませんでしたが・・・。
悩んでいるリコの表情や仕草は要チェック!

 パートB:藤岡君と勉強会!?
夏奈からの勉強会の誘いに意気込むリコ。なんと藤岡も一緒に。あとケイコもw
「もてなしとは温もりである」=あったかいもの=お風呂ということで準備にとりかかる夏奈。

リコは勉強中もほとんど藤岡ばかり見ていましたね。藤岡も少しは気づいてやれよという感じですが、夏奈しか見えてないのですかね~。後半のお風呂のシーンは見応えありました。
各キャラクターの個性が光っていたというか、それによってある意味助かったんですけどねw
風呂どうだった?と全員に聞く夏奈ですが、最終的には夏奈自らが痛い目に遭うことに。
いつものように何か悪戯心でやろうとしたこと以外でも、こうやってトラブルとして引き込んでしまう夏奈には少し同情しますw

 
 パートC:報われないリコ
努力もせずにいい点を取る夏奈。対して、勉強していい点を取って上機嫌なのも束の間、夏奈や勉強を教えてあげようと考えていた藤岡にまで点で負けるリコ。

リコは気の毒ですが、そういうこともあるよという感じでしょうかw妄想に浸って楽しそうだったし・・・。妄想の中で、最後はいつも笑ってばっかりなのが保坂みたいでうけましたw
夏奈も強運でしたが、何よりも46点・47点と言ってテストを見せたあのふたりの方がある意味すごい

 パートD:明日はバレンタインデー!よ~しオセロでもやるか
夏奈の発言にはつくづく笑わせてくれますw千秋に手作りチョコを作ろうと誘いながらも自分はオセロをやり、作らせといて食べたいだけだったというやりたい放題の夏奈。
千秋は春香の手伝いをしている影響なのか、料理は相変わらずうまい!適当な奴はマコトに決定w


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

みなみけ おかえり | 【2009-03-17(Tue) 00:51:31】 | Trackback:(24) | Comments:(0) | [編集]

みなみけ おかえり 第10話 「態度には」

 ナツキ面白すぎる~wサイコーですね前回の話でナツキのキャラが好きだと言いましたが、見事にその期待に応えてくれました。ということで第10話「態度には」の感想です。

 一つ目のお話・・・びしょ濡れになって南家に遊びに来た冬馬は、お風呂に入りココアを飲み、
そして夏奈に髪を拭いてもらうなど、まるで王様気分だとご満悦の様子。
そのうえ、千秋に対して「服を貸せよ。」と言う始末。この態度を大いに気に入らない千秋は、冬馬の末っ子根性を叩き直すと公言するのであった。

作戦・・・藤岡がいつ来るのかと夏奈に聞き、冬馬を困惑させる。
困るのもそのはず、冬馬の今の状態はタオルを巻いているだけ。
千秋は「い・や・だ」の一点張りw冬馬はついに千秋に頼み込むと、
「お~いい子だ、ちゃんとお願いできるじゃないか。」と不適な笑みw
千秋は冬馬のことを弟して扱っていることから、冬馬の生意気な態度には厳しかったのでしょう。
まぁでもそれだけ仲がいいということですね。この誰もが家族のように感じられる暖かさが伝わってくるのが「みなみけ」の好きなところです。皆さんも態度には気をつけましょうw

 二つ目のお話・・・千秋のうんちくの表と裏
うんちくその1:天然着色料の中には、虫から色をとったのがあってね・・・。」
飴玉を口にしていた内田は悲鳴を上げるw相変わらずの毒舌っぷりの千秋。続けて夏奈も追い討ちをかけるコンボ炸裂w

うんちくその2:ちょうど春先、5月から6月の雨が降った後の晴れた日に、羽が生えたオオクロアリの雄と雌は巣から飛び立ち結婚飛行を行うんだ・・・。」
内田が聞いてないことでふてくされる千秋。
藤岡の登場で場の雰囲気が一変。千秋と藤岡まるで兄妹ですね。微笑ましい光景でした。
そして千秋は藤岡にうんちくを披露。

うんちくその3:飛行機雲ってのは主に排気ガスの中の成分が急に冷えて固まったもので、煙ではなくちゃんとした雲なんだ。」先ほどの内田に対してのうんちくとのギャップの差に怒る内田でしたw

 三つ目のお話・・・藤岡指定席の権利をめぐって!?
以前から、何回も目にしていた藤岡の前に座る千秋の光景(いわゆる指定席w)。
その指定席の過去話です。指定席に座って仲良く話す冬馬と藤岡の光景に嫉妬する千秋も可愛いですね。藤岡は自分だけの兄であってほしく、他の誰であっても譲りたくないという思いがよく表れていて面白かったです。藤岡の冬馬が男だという勘違いっぷりに対しての冬馬の表情にも見応えありw
冬馬は女だという正体をばらしてもいいと思いますが、マコちゃん然り、この微妙な設定のバランスがまたいい味だしています。

 四つ目のお話・・ナツキの言葉遣いと笑顔が引き起こした騒動!
もう1つの南家ではナツキの言葉遣いの悪さに対しての話し合いの真っ最中。
春香に何かを頼みにいく模様で、いくつかナツキにアドバイスをすることに。
アドバイスその1・・・言葉遣いと笑顔
アドバイスその2・・・千秋を無視するな
アドバイスその3・・・夏奈は無視
この3つのアドバイスを素直すぎるほどに受け入れて実行するナツキw

先手必勝といわんばかりか、まんじゅうを「ふつつかものですが」という先制パンチw
ナツキが春香に向ける笑顔はバックの効果音と相性ピッタリの恐さw笑顔とは言い難いどころか、
馬鹿にしてる感じの表情ですねw春香のダークな一面も登場するとどんな風になるのか・・・。
それに対して夏奈には、完全無視というか何というか、わかりやすい嫌がらせw

結果、頼み込んだ内容は受理されることに。って冬馬、いつのまにコタツにw
それにしてもこの話は笑わせてくれました。ナツキは保坂に劣らないともいえる逸材ですね。
こんなに面白いキャラだとは思っていなかっただけに・・・。 


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村



みなみけ おかえり | 【2009-03-09(Mon) 23:02:09】 | Trackback:(21) | Comments:(0) | [編集]

みなみけ おかえり 第9話 「そうか」

 第9話「そうか」の感想です。クリスマスの話もありましたね。純心にサンタを信じる千秋がよかったです。何より前回まで気になってた春香の登場回数の少なさ。今回の話は前回などに比べて多い感じだったのでひとまず安心といったところでしょうか。保坂も出番がありましたね~。出ないと思っていたのですが、エンディングのテロップを見て名前が出てたので、この後に保坂出るのか~と嬉しい限りでした。保坂の登場によって、春香の普段見ることができない一面を楽しめるのでw
 
 一つ目のお話:みかんが発端となるお話。
千秋のバカヤローがいつにも増して多い感じでしたw南家(夏奈と千秋)ではみかんは箱の中から食べたいみかんを自分で選んで持ってくる決まりがあるという。夏奈が美味しそうに食べてるのを見た千秋がこたつから出たくないばかりに夏奈のみかんを1つもらおうとした結果、夏奈に本気で怒られた(冬馬も含めて)のがそもそもの始まりだった。

マコトは常時変身グッズを持っているんですね~。(マコちゃんにw)ランドセルの中身がかなり気になるところ・・・。夏奈もあそこまですることはないのにw夏奈らしいといえばそうですが・・・。
フィナーレは千秋の顔に夏奈の投げたみかんが張り付くという結果にw
春香がいないと知ったマコちゃんの表情が印象的な話でした。

 二つ目のお話:千秋と冬馬にクリスマスプレゼントを渡す方法を考える南家双方のお話
千秋のほしいプレゼントがわからない春香は、以前クリスマスプレゼントで千秋を喜ばせた藤岡に悩みを打ち明けることに。藤岡は抜け目がないですね~。春香や夏奈・千秋のプレゼントを事前に用意しているとはw藤岡のプレゼントである千秋宛の手袋を今回のプレゼントにしたらどうかと夏奈。
現実はそんなに甘くはないといったところでしょうかw千秋は大満足!
プレゼントが小さいとかの次元ではなく、純粋にサンタからもらえたという千秋の嬉しさが表情や仕種・話し声からよく伝わってきた話でした。

問題なのが冬馬の南家の現状w「みなみけ」第一期では、3人の兄たちがずっとプレゼントについて考えている風景が印象的。今回はというと、またか~w しかも日にち過ぎてるしw
冬馬をよく想っているのは伝わってくるんですけどね~。兄たちのやりとりがまたいい味だしてますw
プレゼントを冬馬がもらってないと知った春香はナツキを問いただすことに。
 
私にプレゼントどうするか相談しといて、勝手にやめちゃうの?」
 怖すぎる~w ナツキは危機感を持ったのか、即反応しましたね。
忘れないように紙に書くまではいいが、茶の間に置いたままってw 冬馬に見つかるでしょw
ナツキ君、あなたは最高ですw ナツキのことを察したのか冬馬の心遣いもよかったのですが、
ナツキKY過ぎる~w ナツキのキャラが好きだと改めて感じました。

三つ目のお話:保坂の妄想世界のお話
クリスマスプレゼント→サンタ→サンタは夢を配る→サンタのコスチューム→クリスマスケーキ
→バイトの求人→クリスマスにバイト=春香
ケーキ食べてるおっさんってカレーの時のw 保坂が春香の妄想に走ると周りが見えなくなるといういつものパターンにw 妄想に浸っている間、近くに春香がいたという事実・・・。
春香は保坂のこと気づいていたようなw
保坂と春香が現実に話しをする時は来るのだろうか。

   

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


みなみけ おかえり | 【2009-03-02(Mon) 21:30:46】 | Trackback:(26) | Comments:(0) | [編集]

みなみけ おかえり 第8話 「法ですよ」

 「黙っていればカッコいいのに」誰もが思っている人物、それは保坂。
今回は、ケイコにアツコと普段はあまりメインとならないキャラクター達の視点で描かれていました。また、ラストパートで保坂がついに登場しましたね。個人的には嬉しかったですが、春香の出番が少なすぎるような気がします。春香中心の話も期待したいところです。

 一つ目のお話:「モテる法則、非力アピール」
焼き芋を買い、内田・吉野・夏奈で集まっていると内田がとにかく男ほしいという話題に(嘘ですw)
そんな君に耳寄りな情報ということで、モテる法則その1非力アピールを缶ジュースを使って缶のフタを開けられない非力さを実践することに・・・。
1)内田:×勢いで開けてしまい失格
2)吉野:△まずまず
そこに、マキとアツコが加わる。
3)マキ:×回想シーンでの結果を思い出し挫折 ←マキの隣にいた男、一瞬保坂に見えたw
4)アツコ:◎非力アピールとは知らずに無条件で缶ジュースを渡されるアツコであったが、
かわいすぎる~w 頬を染めて悩むところとかwこれに惑わされない男はいないだろうw
「ごめんマキ~、開かなかった~。開けて?」 とどめの一発に一同、感激の極みw
しかし、小細工ぶる必要はないということで悪女扱いに・・・。

 二つ目のお話:「昼の部・夜の部?」 前の話とリンクしてます。
男の扱いのプロ、マキ先生の登場w 夏奈の誘いこむようなアシストも加わり饒舌に話そうとするが、
春香に危険と察知されたのか、連れて行かれてしまうw
代わりのプロとしてアツコ先生が話すことに。見つめられる度に頬を染めながら反応するアツコが良かった。そこに冬馬が乱入し夏奈との争いにより、ある事件が発生w
「暴れる男を大人しくさせるには抱いてしまえばいい。」という結果にw
というかあの状況で急に眠る冬馬もどうかと・・・。

 三つ目のお話:「当たり障りの無い回答と面白い回答の条件」
夏奈の質問に面白い回答を求められるケイコ。急にふられて、そんなすぐに気の利いた答えが出るはずもないのに、ケイコの当たり障りの無い答えに、夏奈はつまらないと落胆するw
今度はケイコのところにリコが現れ、またもや質問の回答を迫られる。
「Aさんって子が大好きなB君に後ろから急に抱きつかれたけど、どういうことだと思う?」
それはB君がAさんを好意に感じていると考えるも、先ほどの夏奈とのことを踏まえて面白くしようとした結果、リコの現状からありのままをリアルに話すケイコ。
質問に答えるというのも、話す人間や時と場合によって考えるのが重要だということですね~。
地味に考えながらも面白い話でした。

 四つ目のお話:「黙っていればカッコいいのに」
バレー部の練習風景での何気ない?出来事でついに保坂の登場w
黙っていればやっぱりカッコいい保坂であったが、速水によって春香の話題をアツコやマキと話してると急変w春香との叶わないであろういつもの妄想モードにw
妄想だけにとどまらず、周囲を気にせず実際に動作も加えているから余計にw
そこがまたキャラが面白さを引き立てているいい所なんですが・・・。
それにしても、保坂はどうしても春香に汗を拭ってもらいたいんでしょうね~w
ナツキは練習に来たのにボール拾いだけやって帰るってw
理由はメシ作んないといけないとのこと。またそれが自然と会話として成立しているのもいい感じw
潔いというか素直すぎるというか・・・まぁ相手が保坂ですからw

 

次回「そうか」

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 応援よろしくお願いしま~す^^

みなみけ おかえり | 【2009-02-23(Mon) 21:02:14】 | Trackback:(26) | Comments:(0) | [編集]

みなみけ おかえり 第7話 「オレでよければ」

今回はマコちゃんメインの回です。グランドで二人三脚の練習をする千秋とマコト。どうやら運動会に向けて特訓中らしい。しかし、千秋はどうもそれほど乗り気ではない模様・・・。「もう、飽きた。やめよう。」と千秋。彼女の心中とは?

みなみけでは、千秋の不真面目さに悩みを夏奈に打ち明けるマコちゃん。夏奈が言うとおり千秋は運動が苦手なのだ。そこに千秋が登場し、二人三脚をやることでこのままでは迷惑がかかると心配する。
 →頑張ればなんとかなるよ。頑張れー、千秋~。」とマコちゃん。
その励ましに何故か違和感を覚えたような目つきの千秋w
        (マコトがよく言うセリフだからかな?) 「マコちゃんってあいつと・・・」
    「・・・体格同じくらいかな?」 ほっとして練習相手を引き受けるマコちゃんだが、
体を密着させる二人三脚によってマコちゃんが男だとバレてしまうのではないかと忠告する夏奈。
千秋もその話を聞いているんですけど・・・。バレないのかw
練習中の二人の近くで色々食べたりオセロをする夏奈w
千秋は練習の甲斐あってか少しやる気がでたみたいで、マコトと再び練習することを決める。

 ☆二つ目のお話☆
たこ焼きを公園で食べている加奈と内田のシーンから。
まこちゃんの正体が春香や千秋にもバレてないことを自我自賛する夏奈。内田はまことが一人でいると化けの皮が剥がれるのではないかと。たこ焼きの皮も剥がれたし・・・。(夏奈によるw)

みなみけでは、春香とマコちゃんが苦~いお茶を飲みながらお喋りしていた。お茶を飲みすぎたせいか、トイレへと向かうマコちゃん。それが悲劇の始まりだったw
トイレの中で用を足そうとしたその時、夏奈がいきなりトイレットペーパーを持って現れる。
 「落ち着け。私だ。」→「なんだ。夏奈か~。」 って鍵がかかってなくてもドアを開けるなw
しかし安堵した?のも束の間、マコちゃん、いる~?」と春香の声がして・・・。

 ☆三つ目のお話☆
またもや、マコちゃん登場。夏奈の話を聞いて胸の大きさと態度の大きさは関係ないと豪語するマコちゃんだが、春香さんは優しくて、そして・・・。」とニヤけるw

 「とりあえず、ブラでもしてみるか。」と夏奈w そんなノリでつけられるかとw
   →とりあえずビールっていう例えがまた、うまいですw

 「ブラがなくても、胸があるように見える方法はないのか?」とマコちゃん。
そこに、「お困りか~?」と千秋が登場。
ナイスな服のチョイスでいい感じに。それだけではない、その服は春香から受け継いだもの。
体型が矯正されゆくゆくは春香みたいになる、と千秋。その光景を想像するマコちゃんw
だが、「春香さんみたいになるわけにはいかない」とw
 千秋「せっかくの私の行為を無視するのか。このバカやろー!」

 ☆四つ目のお話☆
マコちゃんとしてのみなみけでの馴染みっぷりに感心する夏奈。馴れた時にこそ尻尾がでるというが案の定、コップの中身がマコちゃんの服にこぼれるハプニングが発生。
 「シュワシュワのベタベタのがくるから 脱げ~。」と千秋。
 「たぬきの尻尾がでかかったな。」と怪しい笑みの夏奈w
夏奈のたぬきの話から始まり、人を化かすのはよくないとマコちゃんを責める夏奈。(女装させた元々の原因は夏奈だけどw) 

 千秋しかしその狸もわざわざ、化けなくてもいいのにな~
         かわいいじゃないか、狸。」

   その言葉に胸を打たれたマコちゃんのとった行動とは・・・。
 「みなみ~!」 
  「寄るな。暑苦しい。」 いつものパターンでしたw
今回、まこちゃんの正体が危ぶまれた回ばかりでした。千秋は、もしかしたらまこちゃんの正体を知っているのかもしれません。

 ☆五つ目のお話☆
南家三姉妹のマグカップを割ってしまったことを春香のみwに謝る千秋。
 「私のも割ったんだから、一度くらいこっち向いて謝ってみないか?」

新しいマグカップ選び・・・考えないですぐに決める夏奈。
             加奈にかわいいのを買うとバカにされるのではないかと思い、他を探す千秋。
               →一緒にいる内田のおすすめは無視ですか~(笑)
             これだと思いつつも「これは、ないよね~。」と言うマキに苦笑いの春香。
       3人のカップ選びを通して、それぞれの性格がよく表われています。

その結果、3人とも同じカップが揃ってしまったw
そこで次の日、当初から選んでいたマグカップを春香と千秋が購入することに・・・。
残った二つのお揃いのマグカップ。一つはマグカップにはうるさいw冬馬に。もう一つは夏奈とお揃いだと想像力豊かな藤岡にw

春香と千秋のマグカップを見た夏奈は
 「どっちもいいね~。誰か私のと交換しない?」
   「最初にちゃんと選んどけ。バカやろ~。」
  
 次回、「法ですよ」 
  保坂の登場を期待する今日この頃w
   ではまた~。

minamike 07

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村



みなみけ おかえり | 【2009-02-16(Mon) 17:51:45】 | Trackback:(13) | Comments:(0) | [編集]

みなみけ おかえり 第6話「流してほしい」

 以前、「みなみけ」について話したので現在放送されている「みなみけ おかえり」の各話レビューも
しようと思います。第6話という中途半端な所からのスタートですが大目に見てやって下さい。
機会があれば、第一期・二期なども振り返っていきたいと予定しています。

 個人的な希望で始まった「みなみけ おかえり」各話レビュー(6話からw)
   スタート~!

  第6話「流してほしい 

“みなみけ おかえり 第6話「流してほしい」”の続きを読む>>
みなみけ おかえり | 【2009-02-09(Mon) 19:37:18】 | Trackback:(12) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © [このアニメな~んだ?」 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。