スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

「がお!」劇場版AIR

「劇場版AIR」

劇場版AIR

放送:2005年
制作:東映アニメーション
話数:劇場版

あらすじ・・・少女――神尾観鈴は、一人ぼっちの自分と、物語の姫君を重ね合わせていた。病気がちな観鈴は学校にも行かず、友達もいない。この町から出たこともない。でも、いつか自分にも、姫君と同じような出会いが待っているかもしれない…。そんな観鈴の前に、一人の青年――国崎往人が現れる。彼は人形芸をしながら旅をしている青年だった。彼には、死んだ母親から伝えられた言葉があった。「空にいる少女を救って」

①おすすめ・・・9点
②ストーリー・・・9点
③キャラクター・・・8点
④声優・・・8点
⑤作画・・・8点
⑥演出・・・8点
⑦音楽・・・9点
          計(70点満点中)59点

評価・・・劇場版は制作サイドこそ違うものの、ストーリーとしてはテレビシリーズとほぼ同じもの。「AIR」の何がすごいって、恋愛ゲームをここまで深いストーリーにしたアニメは極めて珍しいことと、アニメ業界へ貢献度はかなりのもの。恋愛ゲームの固定概念を打ち破ったといっても過言ではありません。また、女の子キャラの髪がやたらとなびく描写は「AIR」から始まったらしいです。

スポンサーサイト
AIR | 【2011-07-11(Mon) 21:05:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

AIR

「AIR」

AIR

放送:2005年
制作:京都アニメーション
話数:全12話+総集編1話+特別編2話

あらすじ・・・人形使いである国崎往人は。「法術」と呼ばれる不思議な力で人々に芸を見せながら旅を続けてきた。ある夏の日、いつものように芸を見せる往人。だが子供たちにバカにされ全く稼げない。空腹のあまり堤防で行き倒れていた往人の前に、観鈴という少女が現れるのであった。

①おすすめ・・・8点
②ストーリー・・・7点
③キャラクター・・・8点
④声優・・・7点
⑤作画・・・9点
⑥演出・・・9点
⑦音楽・・・8点
⑧構成・・・7点
⑨第1話・・・8点
⑩最終話・・・8点

          計79点

評価・・技術面では映像史に変化を与える先駆けとなった作品。さらに売上げも好調で2005年アニメDVDランキング2位。そしてKey作品の記念すべき第一作目ということでアニメとしての知名度はかなりのもの。映像がとにかく綺麗で2005年の作品郡の中ではトップクラスといえるでしょう。ストーリーそのものが泣かせる話で原作が「泣きゲー」とはわかっていたものの、目から涙がwですが、シナリオとしてはあからさまな部分もあるのでその点を評価には反映しました。

AIR | 【2011-05-31(Tue) 01:43:37】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © [このアニメな~んだ?」 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。