スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

アニメの教え その2

前回に引き続いてアニメ制作の流れについて大まかに話したいと思います。
制作工程は大きく分けると、
プリプロダクション
プロダクション
ポストプロダクションの3つに分けることができます。
今回はプロダクションについて

②プロダクション・・・プロダクションでは、絵を描き、それを撮影してアニメにする工程です。
1)レイアウト・・・アニメにおけるカットの設計図。絵コンテによって仕上げられたカットを映像にするために作成する画面構成図で、カメラワークやエフェクト・背景などをどのようにして構成していくのかを指示されています。レイアウトを描く時には絵コンテを見ながらキャラの配置や光源の位置・前後のカットのつながりを考えながら作成していきます。

2)背景原図・原画・3DCG・・・レイアウトの後は3つに分かれます。ここでは原画について触れていきます。原画はレイアウトで描かれたキャラの動きの変化(演技・芝居)を描いていきます。

3)動画・・・原画を映像化するために清書する工程です。また、原画の間を割り、動きを補完して完成させる作業も行ないます。清書は原画トレースもしくはクリンナップと呼ばれ、原画の間を割ることを中割りといいます。

4)スキャニング・・・コンピューターに取り込みます。

5)色指定・彩色・・・スキャニングした線画に対して色をつけていきます。色彩設定の指示によって決められた指示表にしたがって、どのような色をつけるのかを指定するのが色指定で、色を塗っていく作業が彩色(仕上げ)です。

6)撮影・・・色がついた素材に背景画や3DCGで作られた絵をコンピューターを使って合わせていくのが撮影という作業です。エフェクト(特殊効果)もこの時に盛り込んでいきます。

このプロダクションの工程はアニメにおけるメインとなる工程です。
次回に続く・・・

スポンサーサイト
アニメの泉 | 【2011-05-31(Tue) 20:00:27】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © [このアニメな~んだ?」 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。