スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

戦姫絶唱シンフォギア

「戦姫絶唱シンフォギア」

戦姫絶唱シンフォギア

放送:2012年
制作:エンカレッジフィルムズ、サテライト
話数:全13話

あらすじ・・・ 物語の舞台は、近未来の日本。東京。日本政府は、公に出来ない暴力装置をいくつかかかえていた。特異災害対策機動部二課は、第二次世界大戦時に旧陸軍が組織した特務室『風鳴機関』を前身としており、
一般に周知されている対策機動部一課と同様、特異災害ノイズに対する、被害拡大の阻止と事態収拾を担っているのだが、決定的に異なる点がひとつあった。『シンフォギアシステム』 立花 響と小日向 未来は、この春より、私立リディアン音楽院高等科に通うこととなった。憧憬の対象である、アーティスト・風鳴 翼が通うことでも知られるリディアン音楽院に通うことは、響と未来にとって、望外の喜びである。しかし、そのことが大きな運命の転換になろうとは、まだ気付いてはいない。『覚醒の鼓動』は、すぐそこにまで迫りつつあった。

①おすすめ・・・8点
②ストーリー・・・6点
③キャラクター・・・8点
④声優・・・8点
⑤作画・・・7点
⑥演出・・・7点
⑦音楽・・・8点
⑧構成・・・7点
⑨第1話・・・7点
⑩最終話・・・6点

          計72点

評価・・・中盤以降、ストーリーが浅かったり、1話でのアバンの効果が最終話では生かされていなかったのは残念。正直なところ、序盤を見る限り、もう少し深い話になると思ったのですw敵のボスキャラの描き方も含めてキャラを抽出した細かい描写は全体的に少なかったということは、急展開だけで持っていかれると、感情移入がしにくくなるという悪循環に。結果的に、迫力ある戦闘シーンや歌いながら戦うという設定に助けられたかなというのが印象的でした。

戦姫絶唱シンフォギア | 【2012-04-05(Thu) 07:45:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © [このアニメな~んだ?」 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。