スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ふと、あのアニメを思い出した パート1 時をかける少女

「時をかける少女」

時をかける少女

公開:2006年
制作:マッドハウス
話数:劇場版

あらすじ・・・東京の下町にある高校に通う女子高生・紺野真琴は、ある日踏切事故にあったのをきっかけに、時間を過去に遡ってやり直せるタイムリープ(時間跳躍)能力に目覚めてしまう。最初は戸惑いつつも、遅刻を回避したり、テスト問題を事前に知って満点を取ったりと、奔放に自分の能力を使う真琴。そんなある日、仲の良い2人の男友達との関係に、微妙な変化が訪れていく。

「未来で待ってる」このセリフに胸が熱くなる方はきっといるはず。
時をかける少女といえば、原作から派生し、過去にドラマや実写映画など多くのメディア化がされた作品。それをアニメで表現しようというのがきっかけで制作されたのが本作品です。タイトルから想像してもわかるように「時をかける」いわゆるタイムリープをモチーフに置いた作品であり、その中で揺れ動いていく主人公を焦点にストーリーが描かれています。学校での帰り道、他愛もないやりとり、視聴者目線を理解されている作り方に親しみを持ち、どこか懐かしく感じてしまう青春時代の数々、これは反則でしょうw
ストーリー中盤から後半にかけて徐々に明かされていく主人公・真琴のクラスメイト千昭の秘密。タイムリープを通してわかってくることはいくつかありますが、大事なのは、いくら時を経たとしても変わらないものがあるということ。

ふと、あのアニメを思い出した | 【2012-12-07(Fri) 19:31:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © [このアニメな~んだ?」 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。