スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ふと、あのアニメを思い出した パート4 Angel Beats!

「Angel Beats!」

Angel Beats!

放送:2010年
制作:P.A.Works
話数:全13話+未放送1話

あらすじ・・・森に囲まれた丘陵地にある天上学園は生徒総数2000名を越える全寮制の学校。一見するとごく普通の生徒らが生活を送っている学園だが、そこは死後の世界だった。現世で理不尽な人生を体験し、青春時代をまともに送れずに死んだ者はこの世界に送られ、あらかじめ用意されたエキストラ(NPC)の生徒達と共に学園で楽しい青春時代を過ごす内に未練を無くし、消滅(成仏)し転生する。しかし、転生することを拒む人々がいた。少女・ゆりをリーダーとする「死んだ世界戦線(以降、戦線)」は、理不尽な人生を強いた神への復讐を目的とし、元々が死後の世界であり「死ぬ」ことのないこの世界で学校の秩序を守る「天使」と日夜戦いを繰り広げていた。生前の記憶を失った少年・音無は、戦線のメンバーと行動を共にするが、次第にこの世界の真実を知ることとなる。

原作・脚本はKeyブランドとして「AIR」や「CLANNAD」で人気を誇っている麻枝准が手掛けたアニメオリジナル作品。死後の世界を舞台に青春時代を満足に送ることなく、亡くなっていった者たちが青春時代を謳歌することでこれまでの自己の人生を受け入れ、新たな道に進んでいくための過程を描いた作品。放送前はかなり期待されていた作品。作品そのものの期待感、世界観・キャラ、Keyから継承されている泣かせる話にスタッフ陣と、土壌としては整っていた。ただ、振り返ってみると、この作品の舞台のようにすごく不安定であり、見せかけだけで中身が伴っていない作品という印象が強い。特にそれを感じてしまったのはこの作品の方向性や着地点ともいえる成仏させるまでの過程。キャラクターが多すぎるから、それとも1クールという期間で描かれたからなのか、終盤の強引さと省略し過ぎていた感は否めまない。余裕を持って各キャラにより焦点を置き、生前の回想とこの世界との絡みで話を掘り下げていくことでそのマイナス要素は改善できたかもしれない。とはいっても、作画や音楽シーンに力を入れていたりと、この作品自体はそれほど悪くない。ただ、注目が高すぎただけに勿体無い点だけが浮き彫りとなって1人歩きしてしまったのは残念。

ふと、あのアニメを思い出した | 【2013-04-30(Tue) 11:27:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © [このアニメな~んだ?」 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。