スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

「虎と竜は昔から並び立つって決まっている」 とらドラ!

「とらドラ!」

放送:2008年
制作:J.C.STAFF
話数:全25話
 
 あらすじ・・・生まれつきの鋭い目つきが災いして、周りには不良だと勘違いされている不憫な高校二年生・高須竜児(たかす りゅうじ)は、高校二年に進級した春、新しいクラスで通称「手乗りタイガー」こと逢坂大河(あいさか たいが)に出会う。ある放課後、大河は想い人の祐作にラブレターを出そうとするが、それを間違って竜児のカバンに入れてしまう。ラブレターを送ったことを知られたと思った大河は、竜児を闇討ちすべく高須家に忍び込む。その夜のやりとりがきっかけで、大河と竜児のお互いの恋を応援する共同戦線を始まりとして繰り広げられる超弩級ラブコメディ。

 高校二年生の主人公・高須竜児を始めとし、まだ、心理的・内面的にも大人になりきれていない高校生が、人を愛する・人を想うということをテーマに置きながら、その中で巻き起こる心境の変化や心の葛藤・悩みといったものを、高校生ならではの視点で巧みに心理描写を表現しているこの作品は、まさに超弩級ラブコメといわれる所以に相応しいといえるのではないでしょうか。

 人前では大人のフリをしている自分が嫌いなのにもかかわらず、それでも周りに受け入れられていることが歯痒くて、誰かに本当の自分をわかってもらいたいと感じている川嶋亜美(かわしま あみ)や普段は元気で活発、悩みなんてありそうもないような櫛枝美乃梨(くしえだ みのり)は、ある人を好きだと思っている自分を認めたくない。友との友情を考えるのか、自分の素直な気持ちを取るのか、そこから逃げることで自分の気持ちを隠しながら好きな人に対しても、どう向き合っていけばいいのかわからないといった心理描写には、視聴者の心をぐっと引き寄せるものを感じます。
 
 
  とらドラ!Scene1【通常版】            とらドラ!Scene2【通常版】
  とらドラ! Scene1 (通常版) [DVD]     とらドラ! Scene2(通常版) [DVD]



 注目ポイント
①高校生ならではの心の葛藤を見事に表現!
 例えば、AがBを好きになって、BはCが好き。しかし、最後はBはAを好きになるといったストーリーがあったとします。結果だけで見ればハッピーエンドという形ですが、その過程にはさまざまな出来事やトラブルといった困難がありつつも、キャラクターの心理描写を通してどんな風に作品として描かれているのかが焦点となっていきます。
 
 そういう意味で「とらドラ!」のキャラクターたちは主に高校生という、言わば難しいお年頃。その不安定な心理描写を巧みにかつ物語のあちこちに伏線を張ることで、あの時キャラクターが話していた言葉や表情はこういうことだったのかと考えさせられつつも、うまく表現されている様には圧巻といえるでしょう。

他のラブコメアニメの一部は、キャラクターの魅力的な外見や特徴をモチーフに重点を置きすぎてしまうことで、ストーリーが先の見えるありきたりな展開になり、肝心なところであるストーリー構成のバリエーションやキャラクターの心理描写という点において少し欠けているという作品が多いような気がしますが、「とらドラ!」は違うと断言できるほどの良作品だと思っています。

 ここからは各テーマをもとに「とらドラ!」について紹介したいと思います。
①主題歌:「オレンジ」・・・後期ED曲です。また、メインキャラクターである大河・美乃梨・亜美を演じている声優さんが歌っているのもいい感じですね。

②声優:「喜多村英梨」・・・川嶋亜美役。アイドルからか、世間体では大人らしさを出しつつも、竜児や大河に対しては本当の自分でいられるという微妙で複雑なキャラクターの心理を丁寧に表現していました。代表作には「瀬戸の花嫁」不知火明乃役や「のらみみ」シナモン役などがあり、今後の更なる活躍と成長を期待している声優さんの1人でもあります。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
とらドラ! | 【2009-03-27(Fri) 03:05:41】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]
コメント
とうとう終ってしまいましたね…
なんだかんだ言って毎週楽しみに見ていたので終わるとさびしいもんです。
2009-03-30 月  02:59:52 |  URL | さとす #- [編集]
コメントありがとうございます。
大河や竜児・美乃梨に亜美など、個性豊かなキャラクター達が繰り広げたラブコメもついに終わりですね。
ストーリー構成も充実し、キャラクターの心理描写もよく描かれていた作品だっただけに終わりを迎えてしまい残念です。
2009-03-30 月  23:58:06 |  URL | animerDX #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © [このアニメな~んだ?」 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。