スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ラスト3作品!「今期(3月終了アニメ)を評価してみないか?4」 

今回も前回と前々回に引き続き、パート3ということで残り3作品の評価をしたいと思います。

評価項目とその基準は以下の通りとなっております。
1)ストーリ・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。
そしてオチがしっかりしていたか等。
2)キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
3)画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
4)演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
5)音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
6)総合評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

それぞれの評価項目は各5点満点で全てを加算した総合点は30点満点。
5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い

 CLANNAD AFTER STORY
   CLANNAD DVD初回限定版(第4巻)

1)ストーリー:5点・・・人々の絆をテーマに描かれたこの作品。仲間の大切さ、そして家族というかけがえのないものを失ったときの悲しみや重み。朋也を中心として進行していくストーリーの中で、人と人との深い絆のすばらしさを改めて気づかせてくれた作品でした。

2)キャラクター性:5点・・・各キャラクターのエピソードも人との絆をテーマに余すことなく描かれていることで、キャラクターの魅力も十ニ分に伝わってきました。

3)画:5点・・・キャラクターデザインから細かな背景に至るまで、作画の良さが他作品と比較して郡を抜いていたように感じたのは私だけでしょうか。

4)演出:5点・・・ストーリー中に使われるBGMや挿入歌の入り方やタイミングは抜群。
カメラワークひとつをとっても手の込んだ箇所がいたるところに見られ、その熱意を伺い知れることができると思います。

5)音楽:5点・・・各話ごとにOPやEDに変化があるのは、見ている視聴者にとっては嬉しい限りです。注意深く見ることによって、このOPの背景はあの時のシーンで登場したなぁと思わず見入ってしまったことも幾度となくありました。

6)総合評価:5点・・・18回・19回はいわゆる神回という感じでした。恥ずかしながらアニメ作品でここまで感動して泣けたのは今までなかったです。朋也を始めとするキャラクター達の生き様に私自身、心動かされたといってもいいほどのすばらしい作品だと感じました。
 総合点=30点

 地獄少女 三鼎
   地獄少女 三鼎 [DVD] 第5巻

1)ストーリー:3点・・・前作と比較するとやや物足りなさを感じてしまった感は否めないです。
人間の心理描写が複雑に描かれているという点においては評価されますが、「地獄流し」のマンネリ化が物語の奥深さの度合いを落としてしまったような印象です。

2)キャラクター性:3点・・・閻魔あい=お嬢は相変わらず魅力溢れるキャラです。各話ごとにそれぞれ登場するキャラクターとあいや三藁などを含めたキャラクターとの比重がどうしても、ストーリーの展開上、各一話だけ登場するキャラクターに置かれることから、お嬢たちの出番が少ないと感じてしまいました。あいの立ち位置からすれば、致し方ないことだとは思いますが・・・。

3)画:4点・・・作画に関しては、第一期・二期と続いて回を重ねるごとに上昇していると思います。

4)演出:3点・・・先程も言いましたが、「地獄流し」のマンネリ化は仕方がないとしても、地獄流しにされるまでを描いたあいや三藁・きくりとの絡みのシーンが疎かになって、怨みの相手が流されてしまったという結果だけがわかる話も多々あったのは残念でした。

5)音楽:4点・・・OP・EDとも「地獄少女」というに相応しい独特な世界観に溢れている曲です。

6)総合評価:4点・・・満足度としてはいまひとつでしたが、第一期・二期とを総合的に見れば、その面白さが伝わってくる作品ではないでしょうか。リアルな人間の感情や心理を描いたという点においては、他の作品には見られない雰囲気を感じられました。
 総合点=21点

 アキカン


1)ストーリー:3点・・・最終回など、ストーリー内容としては欠ける部分があるものの、個性溢れる作品にしようという熱意が伝わる作品でした。「あき缶」という着眼点もまたいいですね。

2)キャラクター性:3点・・・話の展開はわかりやすいですが、個々のキャラクターの心理描写や登場人物の少なさによって、物語のバリエーションに弾みがつかなかったような印象です。

3)画:4点・・・主人公・大地カケルやメロンなどキャラクターデザインはよく描かれていました。

4)演出:4点・・・大地カケル役を演じている福山潤さんのアドリブを交えた熱演ぶりは、個人的にもかなりの高評価です。

5)音楽:2点・・・前期OPと後期OPによる作画の使いまわしには多少がっかりですが、EDは各話ごとに違いが見られるという試みには斬新さを感じさせてくれます。

6)総合評価:4点・・・他人に薦められる作品かといったら、これも人によって好き嫌いがはっきりする作品だと思います。ストーリー中にはやや過激な描写や台詞がありますが、それも踏まえて楽しませてくれた作品でした。しかし、家族で見るのはあまりお薦めできないかもw
総合点=20点

 併せて、今期終了作品の中での、ベストキャラクター賞、ベストOP・ED賞 ベスト声優賞(男性と女性一人ずつ)も決めるということで、私なりの評価をしてみました。

ベストキャラクター賞:「逢坂大河」 (とらドラ!)

ベストOP賞:「経験値速上々↑↑」 (みなみけ おかえり)

ベストED賞:「オレンジ」 (とらドラ!)

ベスト声優賞・男性:「中村悠一」 (CLANNAD AFTER STORY) 

ベスト声優賞・女性:「釘宮理恵」 (とらドラ!)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
          
     

「今期(3月終了アニメ)を評価してみないか?4」 | 【2009-04-09(Thu) 00:06:11】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © [このアニメな~んだ?」 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。