スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

「絶望した!」さよなら絶望先生

「さよなら絶望先生」

さよなら絶望先生

放送:2007年
制作:シャフト
話数:全12話

あらすじ・・・始まりの季節、春。希望に胸を膨らませた「何事もポジティブにしかとれない少女」風浦可符香は、桜の木で首をくくる「何事もネガティブにしかとれない男」糸色望と出会う。出会ってはいけない2人だったが、望は可符香の高校の新しい担任の先生だった。望が受け持つ2のへ組は、望や可符香に負けず劣らず癖の強い問題な生徒ばかり。レトロ調の世界の中、些細なことで「絶望した!」と嘆く望と、へ組の生徒達が、日々騒動を巻き起こす。

①おすすめ・・・8点
②ストーリー・・・7点
③キャラクター・・・8点
④声優・・・8点
⑤作画・・・7点
⑥演出・・・9点
⑦音楽・・・7点
⑧構成・・・7点
⑨第1話・・・8点
⑩最終話・・・8点

          計77点

評価・・・絶望した!でおなじみの絶望先生。独特の雰囲気を醸し出し、作品に色濃いイメージを持たせる演出方法はシャフトならでは。近年の「まりあ†ほりっく」、「化物語」の作画・演出はこの作品の影響をかなり受けています。絶望先生も全3期にOVAと人気ぶりは申し分ない。あとはマンネリ化だと思わせないようにどう工夫していくか、そこ次第。スタッフの遊び心も覗かせる、そんな作品なのも視聴する上では楽しみのひとつだと思います。

さよなら絶望先生 | 【2011-08-22(Mon) 18:50:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © [このアニメな~んだ?」 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。