スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

イノセンス

「イノセンス」

イノセンス

公開:2004年
制作:Production IG
話数:劇場版

あらすじ・・・映画「イノセンス」の舞台は、人々が電脳化され、声を出さずとも、コンピューター端末を打たなくとも、ネットワークを通じたデジタルコミュニケーションが可能になる一方、肉体の機械化も進み、人とサイボーグ、ロボットが共存する、2032年の世界。魂が希薄になった時代。決してそう遠くない近未来を舞台に物語の幕が開く。前作『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』のラストで少佐こと草薙素子が失踪してから4年後の2032年が舞台。少女型の愛玩用アンドロイドが原因不明の暴走を起こし、所有者を惨殺するという事件が発生した。被害者とメーカーの間で、示談が不審なほど速やかに成立し、被害者の中に政治家や元公安関係者がいたことから公安9課で捜査を担当することになり、公安9課のバトーは、相棒のトグサとともに捜査に向かう・・・。

①おすすめ・・・7点
②ストーリー・・・6点
③キャラクター・・・7点
④声優・・・8点
⑤作画・・・9点
⑥演出・・・8点
⑦音楽・・・8点

          計(70点満点中)53点

評価・・・テレビシリーズというよりは劇場版・「GHOST IN THE SHELL」の続編という扱いでいいと思います。監督である押井守の作品は良く言えば演出に凝っている、悪く言えば自己陶酔、そんな賛否両論分かれる作品が多いのですが、この作品はその典型的な例ですね。映像美としては確かにレベルは高く、制作陣の奮闘振りも感じられますが、世界観や独特の押井ワールドを受け入れられない人にとっては「結局、何なの?」と答えたくなるのも頷けます。それでも作品の雰囲気だけでも見応えはあるので、アニメ好きには押さえておきたい作品ではあります。

攻殻機動隊 | 【2011-09-23(Fri) 01:20:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © [このアニメな~んだ?」 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。