スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

「生存戦略」輪るピングドラム

「輪るピングドラム」

輪るピングドラム

放送:2011年
制作:ブレインズ・ベース
話数:全24話

あらすじ・・・両親のいない高倉家には3人のきょうだいが暮していた。双子の兄の冠葉と弟の晶馬、そして妹の陽毬。陽毬は不治の病に冒されており、担当医の鷲塚医師から余命が長くないと宣告される。数日後、自宅へ帰ってきた陽毬は、兄と一緒に水族館へ行く。数少ない家族の思い出が残るその場所で、陽毬は不思議なペンギンと目が合う・・・。

①おすすめ・・・8点
②ストーリー・・・7点
③キャラクター・・・9点
④声優・・・6点
⑤作画・・・6点
⑥演出・・・10点
⑦音楽・・・6点
⑧構成・・・6点
⑨第1話・・・8点
⑩最終話・・・9点

          計75点

評価・・・監督は90年代の人気作「少女革命ウテナ」を手がけた幾原邦彦だけあって、なんといっても演出方法が個性的。ウテナでは影絵を用いた手法が目立っていましたが、本作もそれに負けじ劣らずの演出技法は作品自体を難解にさせるデメリットはあるものの、それがピングドラムらしさの追求という点ではmuchしていました。

また、一言でいうとこの作品は視聴者には優しくないですw独特の演出方法に加えて回想に回想を重ねたストーリー。多くの伏線や謎をはったものの、その全てを本当に回収できたのかどうか、定かではありません。ですが、その捉え方・感じ方・答えの解釈は視聴者に委ねられており、作品としてはその問題提示とヒントを与えたに過ぎないというのが実際のところではないでしょうか。
とは言いつつも、これだけ複雑なストーリーを持ってきたわけですから1回と言わず、2回、3回と視聴をおすすめします。そうすることでより異なった見方ができる作品になると思います。

輪るピングドラム | 【2011-12-26(Mon) 22:55:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © [このアニメな~んだ?」 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。