スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ギルティクラウン

「ギルティクラウン」

ギルティクラウン

放送:2011年
制作:Production I.G
話数:全22話

あらすじ・・・西暦2039年。突如発生した未知のウィルス、通称〈アポカリプスウィルス〉の蔓延によって引き起こされた大事件「ロスト・クリスマス」から10年後の日本が物語の舞台である。荒廃し、無政府状態となった日本はアメリカ軍を中心とする超国家組織GHQの統治下に置かれていた。桜満集は世間やクラスメイトに対してどこか冷めた視線を向ける男子高校生。周囲との微妙な距離を保ちつつ平穏な日々を過ごしていた彼はある日、お気に入りの場所である廃校舎で憧れの歌手・楪いのりに出会う。傷を負った彼女はレジスタンス組織「葬儀社」のメンバーというもう一つの顔も持っていた。集はGHQ、GHQから最高機密「ヴォイドゲノム」を盗み出した楪いのり、葬儀社のリーダー恙神涯らと関わる中で「ヴォイドゲノム」に触れ〈王の能力〉を宿してしまう。

①おすすめ・・・7点
②ストーリー・・・7点
③キャラクター・・・8点
④声優・・・8点
⑤作画・・・9点
⑥演出・・・8点
⑦音楽・・・7点
⑧構成・・・6点
⑨第1話・・・8点
⑩最終話・・・7点

          計75点

評価・・・Production I.G制作によるオリジナルアニメ作品。キャラデザ・作画という点では2クール通してなかなかのもの。人を武器ととして扱う、いわゆるヴォイドの設定は斬新ではありました。ただ、この作品はとにかく内容を詰め込み過ぎています。オリジナルということもあり、気合いが入っているのはわかります。ですが、主人公・シュウとガイの両者を対極させたストーリー構築然り、テーマ性も伝わりにくい。そういう点では視聴者は置いていかれてしまった感が強いです。中盤以降の展開の盛り上がりは個人的に楽しめましたが、制作陣の伝えたかったものがはたして視聴者に伝わっているかといえば疑問ですね。なんとも惜しい作品でした。

ギルティクラウン | 【2012-03-24(Sat) 12:20:00】 | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/03/29 09:41 | まとめwoネタ速suru | まとめteみた.【ギルティクラウン】 「ギルティクラウン」放送:2011年制作:Production I.G話数:全22話あらすじ・・・西暦2039年。突如発生した未知のウィルス、通称〈アポカリプスウィルス〉の蔓延によって引き起こされた大事件「ロスト・クリスマス」から10年後の日本が物語の舞台である。荒廃し、...


Copyright © [このアニメな~んだ?」 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。