スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

翠星のガルガンティア

「翠星のガルガンティア」

翠星のガルガンティア

放送:2013年
制作:Production I.G
話数:全13話

あらすじ・・・遠い未来、遥か銀河の果て。人類は、異形の怪生命体ヒディアーズと種の存続を賭けた戦いを続けていた。激しい戦いの最中、少年兵レドは乗機である人型機動兵器チェインバーとともに時空のひずみへと呑み込まれる。人工冬眠から目覚めたレドは、忘れられた辺境の惑星・地球へと漂着したことを知る。表面のほぼすべてを海に覆われた地球で、人々は巨大な船団を組み、旧文明の遺物を海底からサルベージすることで、つつましくも生き生きと暮らしていた。ここはそんな船団の一つ、ガルガンティア。言葉も通じない、文化も習慣も異なる未知の環境に戸惑うレド。やむをえず、少女・エイミーらガルガンティアの人々との共生を模索し始めるのだが、それは戦うこと以外の生き方を知らないレドにとって驚きに満ちた日々の始まりだった。

①おすすめ・・・8点
②ストーリー・・・8点
③キャラクター・・・8点
④声優・・・8点
⑤作画・・・8点
⑥演出・・・7点
⑦音楽・・・8点
⑧構成・・・8点
⑨第1話・・・7点
⑩最終話・・・8点
          計78点

評価・・・Production I.G制作のオリジナル作品。
近未来の地球、宇宙からの訪問者、徐々に明らかになる真実、世界観設定をはじめとした土壌がしっかりと整ったなかで一体何を描いていくのか、放送開始時から注目していた作品でした。主人公がヒロインとの出会いを通しての成長劇を描くことが王道ではあるものの、サイドストーリーとして描く素材も十二分に揃っている作品だと1話から感じていたからです。
海が舞台ということもあり、イメージは「ふしぎの海のナディア」を彷彿とさせます。
地球の常識や価値観なんてちっぽけなもの。何が正義で何が悪なのかでさえ、宇宙の常識からしたらそんな区別は通じないのかもしれません。ストーリーを通して主人公の異なる価値観・食い違う価値観の中で、描かれるキャラクターたちの思いや行動を見て変化していく過程を丁寧に描いています。個人的には主人公とヒロインではなく、ロボットのチェインバーの成長ぶりこそ、この作品一番の注目点であり、魅力的な部分でもありました。

翠星のガルガンティア | 【2013-07-01(Mon) 11:08:27】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。

放送:2013年
制作:A-1 Pictures
話数:全13話

あらすじ・・・平凡で穏やかな日々を過ごしていた男子高校生・高坂京介。だが、彼の日常は妹・桐乃の「人生相談」で急変する。人生勝ち組でリア充な桐乃は、実はアニメやゲームが大好きなオタク趣味の持ち主だったのだ。そんな桐乃の「人生相談」を真摯に受けとめる京介。そこに、SNSで知り合った黒猫や沙織バジーナ、桐乃の友達のあやせと加奈子、京介の幼馴染みの麻奈実と人々が加わり冷え切っていた兄妹関係に変化が訪れる。桐乃の突然の留学という事件を乗り越え、今度はどんな「人生相談」がハプニングを巻き起こすのか?

①おすすめ・・・8点
②ストーリー・・・6点
③キャラクター・・・9点
④声優・・・8点
⑤作画・・・6点
⑥演出・・・6点
⑦音楽・・・8点
⑧構成・・・5点
⑨第1話・・・8点
⑩最終話・・・6点
          計70点

評価・・・電撃文庫によるライトノベルが原作の「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の第2期シリーズ。
1期に比べて妹に対してあれこれと主人公が奮闘する様を描いたというよりは、ヒロインをはじめとした各キャラクターたちにスポットライトが向けられたストーリー構成でした。
本作品のテーマというべき妹を恋愛対象として発展するか否かという点で、ラブコメ色はかなりグレードアップしていましたが、原作の最後まで描こうとすることにこだわるあまり、脚本そのものが疎かになりがちだったのは残念。恋愛に発展するまでの過程をもっと大事に描くことで、この作品の評価はもっと上がるはず。
1期でもテレビシリーズ終了後、続編がWeb配信という形で行われていましたが、今回は世界各国で同時放送が行われるとのこと。話題性という点でこういったメディア展開は日本のアニメを世界に知ってもらういい機会になるので嬉しいですね。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 【2013-06-30(Sun) 16:08:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION

「DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION」

DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION

放送:2013年
制作:bridge
話数:全13話

あらすじ・・・平和な日本を突如襲った危機。悪魔を使役する力を得た主人公達13人の悪魔使いは、謎の侵略者「セプテントリオン」と戦うことになる。しかし極限状態に追い込まれ、次第に仲間達との軋轢と対立が起こる中、主人公は未来への決断に迫られる。残された時間はあと7日間。

①おすすめ・・・6点
②ストーリー・・・6点
③キャラクター・・・7点
④声優・・・6点
⑤作画・・・6点
⑥演出・・・6点
⑦音楽・・・6点
⑧構成・・・6点
⑨第1話・・・8点
⑩最終話・・・7点
          計64点

評価・・・原作はTVゲーム。記憶に新しい「Persona4 the ANIMATION」を彷彿とさせます。7日間という限られた時間の中で、主人公をはじめとする選ばれたキャラクターたちが奮闘する様を描く作品。世界観設定をはじめとした1話からの導入部分は魅力的でした。ただ、全体を振り返ってみれば、7日間の中で行われた結果だけをかいつまんで見せられたという印象が強かったです。キャラ同士のやりとりを含めた日常エピソードを取り入れるだけでも感情移入しやすくなり、戦闘面においてもより厚みが増し、プラスに働いたのではないかと感じました。

DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION | 【2013-06-29(Sat) 12:25:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

放送:2013年
制作:ブレインズ・ベース
話数:全13話

あらすじ・・・青春とは嘘であり、悪である」こう書いた作文をきっかけに、「奉仕部」に入部させられた比企谷八幡。 奉仕部では、息を呑むほどの美少女・雪ノ下雪乃、クラスの上位カーストに属するギャル・由比ヶ浜結衣に出会い、ラブコメに展開するはずが、八幡の残念な性格がそれを許さない! 八幡の高校生活、いったいどうなる!?

①おすすめ・・・7点
②ストーリー・・・7点
③キャラクター・・・8点
④声優・・・8点
⑤作画・・・6点
⑥演出・・・7点
⑦音楽・・・7点
⑧構成・・・6点
⑨第1話・・・8点
⑩最終話・・・7点
          計71点

評価・・・ラブコメの環境下にいる主人公がラブコメ路線に発展しない、しようとしない、今流行り?の残念系ラブコメという立ち位置のこの作品。よくあるパターンとして俺はモテないと考えている男の前に女の子が急に現れてそのハーレム具合やラブコメ模様を展開していくジャンルとは少し異なります。心の内に秘めた思いを過去のトラウマであったり、自身の性格が原因でなかなか表に出さないでいる葛藤を描写している作品でした。全体的にはよくも悪くもまとめてきたという印象でしたが、後半の山場である文化祭のあたりはいまいち盛り上がりに欠けていたのと、主人公自身の丁寧な心理描写がほしかった。最終話に向けての縛りからか、若干駆け足気味だったのが要因かも。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 | 【2013-06-28(Fri) 09:58:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

はたらく魔王さま!

「はたらく魔王さま!」

はたらく魔王さま!

放送:2013年
制作:WHITE FOX
話数:全13話

あらすじ・・・大海イグノラに浮かぶ聖十字大陸エンテ・イスラ。闇の生き物たちの王道楽土を建設するべく、アドラメレク、ルシフェル、アルシエル、マラコーダ、4人の悪魔大元帥を従えて人間世界に侵攻していく魔王サタン。だがそこに聖剣を手にしたひとりの勇者が現れた。勇者に追い詰められた魔王は、必ずこの場所に戻ってくると言い残し、アルシエルと共に異世界へのゲートに飛び込むが、その先で見たものは、人間になった己の姿と新宿副都心の摩天楼だった。

①おすすめ・・・10点
②ストーリー・・・9点
③キャラクター・・・10点
④声優・・・9点
⑤作画・・・8点
⑥演出・・・8点
⑦音楽・・・8点
⑧構成・・・9点
⑨第1話・・・10点
⑩最終話・・・8点

          計89点

評価・・・電撃文庫によるライトノベルが原作。制作会社は「Steins;Gate」や「「ヨルムンガンド」で成功を収めているWHITE FOX。序盤のOPアニメーションが間に合っていなかったりと、当初は不安もありましたが、1話の導入回の掴みから最終話に至るまでの緩急ある展開・構成の仕方は今期一番でした。何より続きがはやくみたいと思わせる作り方は圧巻!毎回楽しみで何回も視聴しちゃいました。
異世界からの住人が現代でフリーターとして働きながら、時には非日常な出来事がありながらも日常に溶け込む光景は、どこか身近なものを感じ、そして親しみを覚え、ついつい作品の世界に引きこまれてしまいます。毎日の日常にちょっとしたスリルを求めている人にはおすすめです。
また、声優陣のアドリブを交えた演技力、作画の顔芸に声を吹き込む気合いの入れようと情熱さをはじめ、スタッフやキャストに愛されている作品は、下手に意識して作らなくてもキャラクターが勝手にストーリーを盛り上げ、そして作り上げてくれるとはよく言ったものです。

はたらく魔王さま! | 【2013-06-28(Fri) 09:09:11】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ

「劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ」

劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ

公開:2013年
制作:WHITE FOX
話数:劇場版

あらすじ・・・「狂気のマッドサイエンティスト」を自称し、いまだ厨二病をひきずる大学生・岡部倫太郎。秋葉原の片隅、「未来ガジェット研究所」で偶然、過去へと送信できるメール「Dメール」を発明してしまったことから、彼とその仲間たちは世界規模の大事件に巻き込まれることになる。本作「シュタインズ・ゲート」は、タイムパラドックスにより引き起こされる悲劇と、それに立ち向かう仲間たちの絆を描く物語である。

①おすすめ・・・7点
②ストーリー・・・8点
③キャラクター・・・9点
④声優・・・9点
⑤作画・・・8点
⑥演出・・・8点
⑦音楽・・・8点

          計57点

Steins Gate | 【2013-06-07(Fri) 10:04:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ローゼンメイデン

「ローゼンメイデン」

ローゼンメイデン

放送:2004年
制作:ノーマッド
話数:全12話

あらすじ・・・ひきこもりの少年・ジュンの下にある日、怪しげなダイレクトメールが届く。そこに書かれた、「まきますか まきませんか」との問いに、軽い気持ちで応えてしまう。すると翌日、薔薇の装飾金具の付いた重厚な革製の鞄が送り付けられて来た。鞄を開けると、中にはまるで生きているかのように精巧に作られたアンティークドールが収まっていた。興味半分にジュンが螺子を巻くと、人形は目覚め、「ローゼンメイデン第5ドール真紅」と名乗り、ジュンに対して、自分と契約して下僕となる事を要求する。

①おすすめ・・・7点
②ストーリー・・・6点
③キャラクター・・・8点
④声優・・・7点
⑤作画・・・6点
⑥演出・・・6点
⑦音楽・・・8点
⑧構成・・・6点
⑨第1話・・・7点
⑩最終話・・・6点

          計67点

評価・・・この作品を一言でまとめると、主人公が突如現れた可愛い人形と戯れるながら閉鎖的な自身を振り返り、成長していく話です。異世界のキャラが主人公の前に現れて成長していく作品は数多くありますが、とにかくドール(人形)たちが可愛いというだけでサクサク見れちゃう感じです。全体を通して極端な盛り上がりには欠けるものの、過去の思い出がきっかけで一歩を踏み出せないでいる主人公が、ドールたちと日常を過ごすことで少しずつ垣間見えてくる心情の変化に今後の続きを期待させてくれる、そんな作品でした。

ローゼンメイデン | 【2013-06-07(Fri) 01:57:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

本当は15人で1人だっ たんだ!「ぼくらの」

「ぼくらの」

ぼくらの

放送:2007年
制作:GONZO
話数:全24話

あらすじ・・・夏休みに自然学校に参加した少年少女15人は、海岸沿いの洞窟でココペリと名乗る謎の男に出会う。子供達は「自分の作ったゲームをしないか」とココペリに誘われる。ゲームの内容は、「子供達が無敵の巨大ロボットを操縦し、地球を襲う巨大な敵を倒して地球を守る」というもの。兄のウシロに止められたカナを除く14人は、ただのコンピュータゲームだと思い、ココペリと契約を結ぶ。その晩、黒い巨大なロボットと敵が出現する。ロボットの中のコックピットに転送された子供達15人の前には、ココペリと、コエムシと名乗る口の悪いマスコットが待っていた。これが黒いロボット・ジアースの最初の戦いであった。戦闘を重ねるにつれ、子供達はゲームの真の意味を目の当たりにすることになる。

①おすすめ・・・6点
②ストーリー・・・6点
③キャラクター・・・7点
④声優・・・6点
⑤作画・・・6点
⑥演出・・・6点
⑦音楽・・・8点
⑧構成・・・6点
⑨第1話・・・8点
⑩最終話・・・6点

          計65点

評価・・・近未来の日本を舞台に、謎の超技術で作られた巨大ロボットを操り、地球を守る為に戦う少年少女たちが主人公である。物語は1話ごとに1人の子供に焦点を当てた連作形式で構成される。極限状況に直面する子供たちは、自らの人生、家族や社会とのつながり、生命の意味などを問い直してゆく。
本作品のテーマといえるのが「何故、子供たちは死ななければならないのか」という点です。選ばれた存在だから?大人たちが頼りないからその過酷で非常な運命を担っているから?解釈はいくつかありますが、地球を守る為に戦って勝っても何故死ななければならないのか。この非常なルールの意図、ルールを操っている支配者の存在から、世界観の説明に至るまで中途半端で視聴者に丸投げというのが正直な感想でした。子供たちに対してキーポイントとなるキャラも登場していましたが、ストーリーに生かしきれていなかったと感じてしまうのは、まるで目の前の現実を受け止めて己の私利私欲と傍観者に成り下がる大人たちの無力さを象徴しているかのようでした。死の淵に立った15人の子供たちの深層心理を描くという点ではいささか2クールでは足りなかったのかもしれません。

ぼくらの | 【2013-05-28(Tue) 05:33:03】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

2013春アニメ 中間評価

ということで2013春アニメの中間評価です。
2011秋アニメ以来の豊作クール。まず、注目なのが1位~5位までの上位5作品。前クールから継続の「ちはやふる2」は相変わらずの安定評価。全国大会編が始まり、団体戦が盛り上がりを見せています。1話1話ごとの細かい描写と作品作りは圧巻。また、今期のダークホースとも呼ばれる「はたらく魔王さま!」。近年、作品の中でも増えてきている「魔王」という要素。一見、ありきたりなラブコメというイメージでしたが、ギャップの違いに驚き。本作品のメインコンセプトである魔王という既成概念を覆して見せていくあたりは「魔法少女まどかマギカ」を多少彷彿とさせるような感じです。序盤の主題歌の遅れを除いて、キャラクター・ストーリー・構成・作画どれをとっても申し分なく、何より次を見たいと思わせる見せ方は評価でき、今後の展開が楽しみな限りです。1期が大好評だった「とある科学の超電磁法S」、原作ファンをも唸らすほど気合の入っている「進撃の巨人」、ロボット要素を盛り込んだオリジナルアニメ「翠星のガルガンティア 」など、注目作品が目白押しの今期春アニメ、今度こそ90点越えは現れるのでしょうか。

2013春アニメ 中間評価 一覧(5月24日現在)

1位:はたらく魔王さま! 90点
2位:進撃の巨人 85点
3位:ちはやふる2 85点
4位:とある科学の超電磁砲S 85点
5位:翠星のガルガンティア 80点

6位:俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 75点
7位:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている 70点
8位:銀河機攻隊マジェスティックプリンス 70点
9位:惡の華 65点

10位:這いよれ!ニャル子さんW 65点
11位:デビルサバイバー2 65点
12位:波打際のむろみさん 65点
13位:ハヤテのごとく! Cuties 65点

14位:フォトカノ 60点
15位:レッドデータガール 60点
16位:アラタ_カンガタリ〜革神語〜 60点
17位:変態王子と笑わない猫。60点
18位:革命機ヴァルヴレイヴ 60点
19位:デート・ア・ライブ 60点
20位:断裁分離のクライムエッジ 60点

2013春アニメ 中間評価 | 【2013-05-24(Fri) 08:46:18】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

2013冬アニメの期末評価

ということで、遅くなりました2013冬アニメの期末評価です。
まおゆうやラブライブなど中間評価にあった5作品は、視聴が追いつかなかったり見切り等の都合で今回はランキング外となりました。1位は「ジョジョの奇妙な冒険」。これは個人的には文句なしの出来でした。2クールを通して視聴者を裏切らない作品作り。何よりこれがジョジョだという個性が光っていたのが高評価の理由。2位は5月現在も放送中の「ちはやふる2」は全国大会が始まり盛り上がり見せています。競技カルタという共通点を持った仲間と共に描かれる人間模様は非常に細かくそして丁寧。個々の回を振り返ってみても視聴者にぐっと思わせるものを与えてくれます。3位は原点回帰という点でも好感度のあった「みなみけ ただいま」。今回が4期目にもかかわらず、相変わらずの安定感と相変わらずの日常劇っぷりは視聴者自身も安心して見られる作品でした。

2013冬アニメ 期末評価 一覧(5月5日現在)

1位:ジョジョの奇妙な冒険 89点
2位:ちはやふる2 85点
3位:みなみけ ただいま 76点
4位:琴浦さん 76点
5位:リトルバスターズ 72点
6位:たまこまーけっと 71点
7位:僕は友達が少ない NEXT 71点
8位:さくら荘のペットな彼女 70点
9位:イクシオン サーガ DT 70点
10位:ロボティクスノーツ 68点
11位:THE UNLIMITED 兵部京介 65点
12位:ささみさん@がんばらない 65点
13位:マギ 66点
14位:問題児たちが異世界から来るそうですよ? 61点
15位: D.C.III ~ダ・カーポIII~ 59点



2013冬アニメの期末評価 | 【2013-05-06(Mon) 22:28:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © [このアニメな~んだ?」 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。