FC2ブログ

ふと、あのアニメを思い出した パート4 Angel Beats!

「Angel Beats!」

Angel Beats!

放送:2010年
制作:P.A.Works
話数:全13話+未放送1話

あらすじ・・・森に囲まれた丘陵地にある天上学園は生徒総数2000名を越える全寮制の学校。一見するとごく普通の生徒らが生活を送っている学園だが、そこは死後の世界だった。現世で理不尽な人生を体験し、青春時代をまともに送れずに死んだ者はこの世界に送られ、あらかじめ用意されたエキストラ(NPC)の生徒達と共に学園で楽しい青春時代を過ごす内に未練を無くし、消滅(成仏)し転生する。しかし、転生することを拒む人々がいた。少女・ゆりをリーダーとする「死んだ世界戦線(以降、戦線)」は、理不尽な人生を強いた神への復讐を目的とし、元々が死後の世界であり「死ぬ」ことのないこの世界で学校の秩序を守る「天使」と日夜戦いを繰り広げていた。生前の記憶を失った少年・音無は、戦線のメンバーと行動を共にするが、次第にこの世界の真実を知ることとなる。

原作・脚本はKeyブランドとして「AIR」や「CLANNAD」で人気を誇っている麻枝准が手掛けたアニメオリジナル作品。死後の世界を舞台に青春時代を満足に送ることなく、亡くなっていった者たちが青春時代を謳歌することでこれまでの自己の人生を受け入れ、新たな道に進んでいくための過程を描いた作品。放送前はかなり期待されていた作品。作品そのものの期待感、世界観・キャラ、Keyから継承されている泣かせる話にスタッフ陣と、土壌としては整っていた。ただ、振り返ってみると、この作品の舞台のようにすごく不安定であり、見せかけだけで中身が伴っていない作品という印象が強い。特にそれを感じてしまったのはこの作品の方向性や着地点ともいえる成仏させるまでの過程。キャラクターが多すぎるから、それとも1クールという期間で描かれたからなのか、終盤の強引さと省略し過ぎていた感は否めまない。余裕を持って各キャラにより焦点を置き、生前の回想とこの世界との絡みで話を掘り下げていくことでそのマイナス要素は改善できたかもしれない。とはいっても、作画や音楽シーンに力を入れていたりと、この作品自体はそれほど悪くない。ただ、注目が高すぎただけに勿体無い点だけが浮き彫りとなって1人歩きしてしまったのは残念。

ふと、あのアニメを思い出した | 【2013-04-30(Tue) 11:27:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

リトルバスターズ!

「リトルバスターズ」

リトルバスターズ!

放送:2012年
制作:J.C.STAFF
話数:全26話

あらすじ・・・直枝理樹は、幼馴染である棗恭介、その妹である鈴、同じく幼馴染の井ノ原真人、宮沢謙吾と共に全寮制の学校に通っていた。彼等は昔、何かを悪者に見立ててそれを成敗する正義の味方「リトルバスターズ」を結成し、色々な事をしてきた。両親と死別し塞ぎこんでいた理樹にとって、自らを外に連れ出し広い世界を教えてくれたその存在は大きかった。ある日、3年生である恭介が就職活動から帰って来た。理樹は「リトルバスターズ」の4人に、「昔みたいに何かしよう」と持ちかける。それを聞いたリーダー・恭介は近くに置いてあったボールを拾い上げ、宣言するのだった。「野球チームを作ろう。……チーム名は、リトルバスターズだ!」

①おすすめ・・・7点
②ストーリー・・・6点
③キャラクター・・・8点
④声優・・・8点
⑤作画・・・6点
⑥演出・・・6点
⑦音楽・・・9点
⑧構成・・・6点
⑨第1話・・・8点
⑩最終話・・・8点

          計72点

評価・・・「AIR」「CLANNAD」などを手掛けたゲームブランド・Keyが制作した恋愛アドベンチャーゲームが原作。共通シナリオをもとにしながらも、分岐する個別回を掘り下げるなど、原作準拠という点では、シナリオ・BGMから細かい所まで忠実に描かれていました。ただ、依存するあまり、原作を知らない視聴者にとっては2クールを通して話の落ち所や方向性が掴みにくいと感じてしまう人もいるかと思います。原作では一番人気のあるリフレインの制作が最終話で発表された感じを見る限り、2期とを総合的に判断することにより、本作品の見方であり、評価が分かれてくるのは間違いないでしょう。とはいっても、当初、京アニではなくJ.Cが制作という不安な声がある中でよく頑張ったと制作スタッフには拍手です。

リトルバスターズ! | 【2013-04-30(Tue) 00:21:03】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ジョジョの奇妙な冒険

「ジョジョの奇妙な冒険」

ジョジョの奇妙な冒険

放送:2012年
制作:全26話
話数:david production

あらすじ・・・古代メキシコで繁栄を遂げた太陽の民アステカ。彼らには奇妙な 「石仮面」が伝わっていた。それは、永遠の命と真の支配者の力をもたらすという奇跡の仮面。だが、ある時を境に歴史から姿を消すこととなる。やがて時は過ぎ、19世紀後半。人々の思想と生活が激変していた時代に出会った、ジョナサン・ジョースターと ディオ・ブランドー。2人は少年時代から青年時代を共に過ごし、やがて「石仮面」を巡って数奇な運命を辿ることとなる――。

①おすすめ・・・9点
②ストーリー・・・9点
③キャラクター・・・10点
④声優・・・9点
⑤作画・・・7点
⑥演出・・・9点
⑦音楽・・・9点
⑧構成・・・10点
⑨第1話・・・8点
⑩最終話・・・9点

          計89点

評価・・・原作者は荒木飛呂彦。略称は「ジョジョ」。週刊少年ジャンプにウルトラジャンプと、単行本は100巻を超え、今でも根強く長期的に連載が行われている人気作品。80年代にスタートした作品がここにきて待望のテレビアニメ化ということで、当初、原作ファンからの心配の声が挙がっていましたが、その逆境をプラスに変えるほど、この作品はよかったと心底思える作品でした。特徴的な擬音やポーズ、キャラの独特な喋り口調やセリフの言い回しに至るまで原作未読者はもとより、作品を知っている原作ファンでもこれがジョジョなのか!というひとつの作品の色が惜しげもなくアニメで表現している様は、見ている視聴者にとっては爽快であり、強烈なインパクトを与えてくれました。今期の2クールでは原作で言うpart1とpart2に当たるストーリーが描かれていましたが、続編を期待させる終わり方だっただけにこれは期待できます。

ジョジョの奇妙な冒険 | 【2013-04-26(Fri) 00:20:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

みなみけ ただいま

「みなみけ ただいま」

みなみけただいま

放送:2013年
制作:童夢
話数:全13話

あらすじ・・・元気でトラブルメーカー的存在の馬鹿野郎日本代表、次女の夏奈。毒舌だが実は姉が大好きな三女の千秋。そんな妹たちを笑顔で見守るしっかりものの長女の春香を中心としたほのぼのストーリー。彼女たちの周りには、いつも個性的な友人たちがいっぱい。時にはケンカしたり、時にはみんなでのんびりしてみたり……そんな三姉妹たちの平凡な日常を淡々と描いた作品。

①おすすめ・・・8点
②ストーリー・・・7点
③キャラクター・・・9点
④声優・・・8点
⑤作画・・・6点
⑥演出・・・6点
⑦音楽・・・8点
⑧構成・・・8点
⑨第1話・・・8点
⑩最終話・・・8点

          計76点

評価・・・1期の開始からドラマCD、OVAとメディア展開が広がり、とうとうここまでやってきた「みなみけ」シリーズの第4期作品。初期からの根強いファンから作品を知らない視聴者まで幅広い層に受け入れられやすく、みなみけ三姉妹とその仲間たちの日常を四季の巡りと共に淡々と描いた作品です。内容は至ってシンプルに見えますが、キャラとキャラが織りなす日常劇にはどこか共感を覚え、魅入ってしまうのが特徴的であり、4期まで続いた要因といってもいいのではないでしょうか。

みなみけ | 【2013-04-23(Tue) 05:05:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

マギ

「マギ」

マギ

放送:2012年
制作:A-1 Pictures
話数:全25話

あらすじ・・・第7迷宮(ダンジョン)の周囲に広がる町、チーシャンに住む若者アリババは、御者のアルバイトをしながら迷宮を攻略し大富豪になることを夢見ていたが、あと一歩を踏み出せずにいた。そんなある日、彼は『ジンの金属器』を探して旅をしているという、謎の少年アラジンと出会う。彼の持つ笛に潜む『ウーゴ君』の力を目の当たりにしたアリババは、アラジンに共同での迷宮攻略を持ち掛ける。

①おすすめ・・・7点
②ストーリー・・・6点
③キャラクター・・・8点
④声優・・・8点
⑤作画・・・6点
⑥演出・・・6点
⑦音楽・・・6点
⑧構成・・・6点
⑨第1話・・・7点
⑩最終話・・・6点

          計66点

未分類 | 【2013-04-15(Mon) 23:43:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

D.C.III ~ダ・カーポIII~

「D.C.III ~ダ・カーポIII~」

D.C.III~ダ・カーポIII~

放送:2013年
制作:風見学園公式動画部
話数:全13話

あらすじ・・・前作から17年後の2月、風見学園に通う芳乃清隆は公式新聞部に所属しながら、ヒロインたちと楽しくすごしていた。ある時、部長の立夏の思いつきがきっかけで枯れない桜に触れたところ、枯れない桜が復活して島中の桜が満開となる。その直後、新聞部の面々だけに「桜が咲いたら、約束のあの場所で…」というメールが届く。後半部分は文字化けしていて読めなかったが、その送信日時はなんと1951年4月30日になっていた。新聞部は調査を続けていたところ、桜の樹で謎の女性に出会う。その女性は、新聞部の面々に「久しぶり」といい、昔話を語り始めた。

①おすすめ・・・6点
②ストーリー・・・5点
③キャラクター・・・7点
④声優・・・6点
⑤作画・・・5点
⑥演出・・・5点
⑦音楽・・・7点
⑧構成・・・6点
⑨第1話・・・6点
⑩最終話・・・6点

          計59点

評価・・・人気PCゲーム「D.C. ~ダ・カーポ~」。大枠として分けるとテレビアニメ化は今回が3期目にあたります。本作は従来と異なり原作声優をほぼそのまま使ったり過去のキャラが登場したりと、ファンサービスがあるなかで原作準拠に極めて近い形をとって制作されていました。とはいっても、主人公を中心としたハーレム路線は安定なわけでして、ルート路線を醸し出しつつもいまいち先に話が進まなかったり、キャラの胸をやたらと強調、止め絵・同ポジといった手抜きパートが多く使われたりと、なんだかんだ次につなげたというよりかはお茶を濁して終わったという印象で正直、内容としては不完全燃焼でした。原作では「風見鶏編」というのがあるみたいなのでセカンドシーズンの制作もあるかもしれません。

D.C.III ~ダ・カーポIII~ | 【2013-04-12(Fri) 03:34:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

問題児たちが異世界から来るそうですよ?

「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」

問題児たちが異世界から来るそうですよ?

放送:2013年
制作:ディオメディア
話数:全10話

あらすじ・・・世界の全てを捨て、我らの箱庭に来られたし』――謎の招待状を受け取った瞬間、逆廻十六夜、 久遠飛鳥、春日部耀は、異世界へと召還されてしまう。そこに現れたウサ耳少女の黒ウサギは、 3人には神魔の遊戯“ギフトゲーム”に参加する資格と能力があると言うのだが・・・。

①おすすめ・・・6点
②ストーリー・・・5点
③キャラクター・・・7点
④声優・・・6点
⑤作画・・・6点
⑥演出・・・6点
⑦音楽・・・7点
⑧構成・・・5点
⑨第1話・・・7点
⑩最終話・・・6点

          計61点

未分類 | 【2013-04-08(Mon) 21:25:20】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ささみさん@がんばらない

「ささみさん@がんばらない」

ささみさん@がんばらない

放送:2013年
制作:シャフト
話数:全12話

あらすじ・・・ささみさんは引きこもり。着替えるのも、食事をするのも、がんばらない。生活の面倒を見るのは、奴隷体質のお兄ちゃん。今日も学校に出勤するお兄ちゃんを布団の中から見送りながら、パソコンに繋がれた「お兄ちゃん監視ツール」で外の世界を覗く日々。そんなある日、バレンタインの朝に『おべんと』と称してお兄ちゃんにチョコをあげたささみさんは、それがきっかけで、ある“惨劇”に巻き込まれることに…。

①おすすめ・・・6点
②ストーリー・・・6点
③キャラクター・・・8点
④声優・・・8点
⑤作画・・・6点
⑥演出・・・7点
⑦音楽・・・7点
⑧構成・・・6点
⑨第1話・・・7点
⑩最終話・・・6点

          計67点

未分類 | 【2013-04-03(Wed) 06:56:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

イクシオン サーガ DT

「イクシオン サーガ DT」

イクシオンサーガDT

放送:2013年
制作:ブレインズ・ベース
話数:全25話

あらすじ・・・とある理由により、現代から「ミラ」と呼ばれる異世界へと飛ばされた主人公、火風紺(ほかぜ・こん)。そこは「アルマ」という神秘のエネルギーが万物に宿る世界。敵に襲われて絶体絶命のピンチの渦中だったエカルラート姫一行の前に現れた紺は、姫を助けることになる。右も左もわからないまま一行と行動を共にする紺。姫は婚礼のため、都を目指していたが、政略結婚であるその婚礼を阻む敵対勢力に、その命を狙われていたのだ。

①おすすめ・・・7点
②ストーリー・・・6点
③キャラクター・・・8点
④声優・・・8点
⑤作画・・・6点
⑥演出・・・7点
⑦音楽・・・7点
⑧構成・・・6点
⑨第1話・・・7点
⑩最終話・・・8点

          計70点

評価・・・ カプコンのオンラインゲーム「イクシオン サーガ」が原作。とはいっても原作準拠どころか、極めてアニメオリジナル要素の高く、一言でいえばフリーダムな作品。監督をはじめとした、銀魂スタッフが集結したということもあり、パロや元ネタを交えたギャグ要素がストーリーの基盤を支えていました。2クールを通してギャグをメインに見せられることで話の展開にそれほど進展がないことから、どうしても飽きてしまうというのが欠点ではありますが、キャラの特徴や魅力が十分に描かれた作品だと感じました。

イクシオン サーガ DT | 【2013-04-02(Tue) 07:05:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

THE UNLIMITED 兵部京介

「THE UNLIMITED 兵部京介」

THE UNLIMITED 兵部京介

放送:2013年
制作:マングローブ
話数:全12話

あらすじ・・・超能力者を収容するエスパー刑務所・デッドロックに一人の男が収監されてくる。男の名は兵部京介。エスパー犯罪組織パンドラのリーダーである。エスパーを人とも思わぬ刑務所所長たちが牛耳る猥雑な刑務所の中で、兵部は不思議な目の色をした男、アンディ・ヒノミヤと出会う。飄々としてどこか隙のないその男に兵部は興味を抱くが…。

①おすすめ・・・7点
②ストーリー・・・7点
③キャラクター・・・8点
④声優・・・7点
⑤作画・・・7点
⑥演出・・・6点
⑦音楽・・・6点
⑧構成・・・6点
⑨第1話・・・8点
⑩最終話・・・6点

          計68点

評価・・・週刊少年サンデー原作の「絶対可憐チルドレン」のスピンオフ作品。チルドレンの敵サイドとして登場していた兵部京介を主人公として描いたオリジナルストーリーとなっています。シリアス重視とはいえ、迫力のある戦闘シーンの数々は今期の中では随一。あくまでオリジナルを主軸に置きながらも前作のキャラを展開の盛り上がるところで登場させたりと、確実な視聴ターゲット層を意識した作り方は評価できます。ただ、ストーリー終盤の作画や展開の進め方には失速っぷりを感じてしまうのは勿体無い。そういう意味でももう一歩の作品でした。

THE UNLIMITED 兵部京介 | 【2013-04-01(Mon) 08:57:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © [このアニメな~んだ?」 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*